HOME > プロのイチオシれしぴ > 〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り > 9月 笹かま寿司

〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り

9月 笹かま寿司

白露の候、黄金色の稲穂を愛でつつ舌鼓

香ばしく焼きあげた笹かまが主役のお寿司です。薬味の風味が、笹かまを優雅に引き立てます。

材料(2人分)

笹かま1袋
ごはん150g
A(寿司酢:あらかじめ混ぜておく)
 酢10cc
 砂糖5g
 塩2g
しょうが1かけ(20g)
大葉3枚
いりごま大さじ1

作り方

  1. 1:しょうがはみじん切り、大葉は粗みじんに切る。
  2. 2:1を水で洗い、ふきんに包み水気を切る。
  3. 3:ボウルに温かいごはんを入れ、A、2、いりごまを加えて混ぜ、薬味寿司をつくる。
  4. 4:笹かまの側面に包丁を入れ袋状にし、3を詰め、半分に切る。

工程のポイント

温かいごはんを使うと、合わせ酢とよくなじみます。どのような具材ともあう薬味寿司は、他の練りものとも組み合わることができます。

季節のアレンジ

春のアレンジ
香り高い三つ葉を添えると、春らしい洗練された味わいになります。
夏のアレンジ
清涼感のあるきゅうりを加えることで、しゃっきりとした歯触りが楽しめます。
冬のアレンジ
ゆずのやさしい香りをまとわせると、さらに上品な味わいに仕あがります。
野﨑洋光 総料理長 写真

監修 野﨑洋光

1953年福島県生まれ。武蔵野栄養専門学校卒業。
1980年「とく山」の料理長に、1989年に「分とく山」を開店し、総料理長となる。和食の技と素材の味を活かした家庭料理のレシピで定評がある。
著書に、「日本料理 味付け便利帳」(柴田書店)など多数。

練りもので 酒の肴 一覧