HOME > プロのイチオシれしぴ > 〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り > 8月 つみれトマト汁

〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り

8月 つみれトマト汁

今宵は、海幸と太陽の恵みを味わい尽くす

トマトの酸味と大葉のさわやかな香りが楽しめる汁物です。冷やしてどうぞ。うま味たっぷりのトマトジュースは、しょうゆで味を整えるだけでいただけます。

材料(2人分)

紀文つみれ1袋
大葉3枚
A
 トマトジュース(無塩)200cc
 水100cc
 薄口しょうゆ20cc

作り方

  1. 1:ボウルにAをあわせ、つみれを入れる。
  2. 2:1を器に注ぎ、大葉を手でちぎって添える。

工程のポイント

トマトジュースは、無塩タイプのものを使用。あらかじめ冷蔵庫で冷やしておくと、さらに清涼感が増します。

季節のアレンジ

夏のアレンジ
じゅんさいを入れると、つるんとした喉ごしのよい汁物になります。
秋のアレンジ
温めたトマト汁の中に少量の味噌を加えることで、風味豊かな味噌汁風になります。
冬のアレンジ
温めたトマト汁に、あくの少ないゆでたかぶを入れても、ポトフのような味わいになります。
野﨑洋光 総料理長 写真

監修 野﨑洋光

1953年福島県生まれ。武蔵野栄養専門学校卒業。
1980年「とく山」の料理長に、1989年に「分とく山」を開店し、総料理長となる。和食の技と素材の味を活かした家庭料理のレシピで定評がある。
著書に、「日本料理 味付け便利帳」(柴田書店)など多数。

練りもので 酒の肴 一覧