HOME > プロのイチオシれしぴ > 〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り > 10月 焼ちくわ芋サラダ

〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り

10月 焼ちくわ芋サラダ

秋深に食す、大地の恵み

野崎流ポテトサラダの主役は、ちくわとクリームチーズ。ほくほくのじゃがいもとあわせて、大胆に盛りつけましょう。

材料(2人分)

焼ちくわ1袋
じゃがいも150g(小2個)
きゅうり50g(1/2本)
にんじん15g(1/4本)
A
 クリームチーズ50g
 塩・こしょう少々

作り方

  1. 1:じゃがいもは皮をむき、一口大に切り、鍋で火が通るまでゆでる。
  2. 2:きゅうりは小口切り、にんじんはいちょう切りにする。
  3. 3:2を塩(分量外)でもみ、5分おく。しんなりしたら、水洗いして、水気を切る。
  4. 4:クリームチーズを、1cm角に切る。焼ちくわは、1〜2cmの輪切りにする。
  5. 5:ボウルにゆでたじゃがいもを入れ、3と4を加えて混ぜ、器に盛りつける。

工程のポイント

クリームチーズは、じゃがいもが熱いうちに混ぜましょう。チーズがほどよく溶け、具材と味がなじみます。

季節のアレンジ

春のアレンジ
新たまねぎを加えると、シャキシャキとしたさわやかなサラダに仕あがります。
夏のアレンジ
かぼちゃを使うことで、甘味のあるパンプキンサラダになります。
冬のアレンジ
里芋に変えると、ねっとりとした芋サラダに。ほくほくとした食感が楽しめます。
野﨑洋光 総料理長 写真

監修 野﨑洋光

1953年福島県生まれ。武蔵野栄養専門学校卒業。
1980年「とく山」の料理長に、1989年に「分とく山」を開店し、総料理長となる。和食の技と素材の味を活かした家庭料理のレシピで定評がある。
著書に、「日本料理 味付け便利帳」(柴田書店)など多数。

練りもので 酒の肴 一覧