HOME > プロのイチオシれしぴ > 〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り > 1月 蟹かまポトフ

〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り

1月 蟹かまポトフ

ふくよかな野菜の香りは、冬のご馳走

野菜と昆布の優しい味わいが楽しめるポトフは、ほっとするおいしさ。日の出の情景を思わせるマリーンを添えて、初春を祝いましょう。

材料(2人分)

マリーン®8本
じゃがいも100g(1個)
カリフラワー100g(4房)
たまねぎ100g(小1個)
セロリ50g(1/3本)
300cc
昆布10cm×10cm
小さじ1/2
薄口しょうゆ小さじ1

作り方

  1. 1:じゃがいもは一口大に切り、熱湯で2分ゆでる。
  2. 2:カリフラワーは小房に分ける。たまねぎは、くし形に切る。セロリは筋を取り、4cmの長さに切る。
  3. 3:鍋に水と昆布、1と2を入れて火にかける。沸騰したら塩を入れて、じゃがいもがやわらかくなるまで煮る。
  4. 4:3にマリーン®と薄口しょうゆを入れて、1分煮る。好みで、黒こしょうをかける。

工程のポイント

じゃがいもをあらかじめ下ゆでしてから煮ると、ポトフが手早く仕あがります。

季節のアレンジ

春のアレンジ
みずみずしい春キャベツを加えると、鮮やかな色合いに仕あがります。
夏のアレンジ
冷蔵庫でひんやり冷やしたポトフも、また格別です。
秋のアレンジ
かぶを加えると、口の中でとろけるような味わいを楽しめます。
野﨑洋光 総料理長 写真

監修 野﨑洋光

1953年福島県生まれ。武蔵野栄養専門学校卒業。
1980年「とく山」の料理長に、1989年に「分とく山」を開店し、総料理長となる。和食の技と素材の味を活かした家庭料理のレシピで定評がある。
著書に、「日本料理 味付け便利帳」(柴田書店)など多数。

練りもので 酒の肴 一覧