HOME > プロのイチオシれしぴ > 〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り > 7月 竹輪野菜射込み〜味噌ディップ〜

〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り

7月 竹輪野菜射込み〜味噌ディップ〜

涼風と味噌の香りを、今宵は美酒とともに

練り味噌は、味噌炒めや和え物にも使える便利な調味料です。四季の味わいを、味噌で豊かに楽しみましょう。

材料(2人分)

生ちくわ(竹笛®1袋
野菜(きゅうり、セロリ、にんじんなど)適量
<白味噌ディップ>
 白味噌100g
 砂糖大さじ1
 みりん大さじ1
 酒大さじ1
 卵黄1/2個
<信州味噌ディップ>
 信州味噌100g
 砂糖大さじ3
 みりん大さじ1
 酒大さじ1
 卵黄1/2個
<赤味噌ディップ>
 赤味噌100g
 砂糖大さじ4
 みりん大さじ1
 酒大さじ1
 卵黄1/2個

作り方

  1. 1:野菜は、生ちくわと同じ大きさに切る。
  2. 2:生ちくわの中に1を射込み、一口大に切って盛りつける。
  3. 3:<味噌ディップ>すべての材料を小鍋に入れ、弱火でとろみが出るまで煮る。

料理が広がる万能味噌ディップ

こくがあり濃厚な味わいの味噌ディップは、ごはんのおかずにもぴったり。ちくわやかまぼこなど、さまざまな練り製品を混ぜてもおいしくいただけます。

料理が広がる万能味噌ディップ

季節のアレンジ

春のアレンジ
ほぐした鯛の身を入れた鯛味噌にすると、鯛のもつ上品なうま味を楽しめます。
秋のアレンジ
ナッツやくるみなどを加えれば、食欲をそそる風味に仕あがります。
冬のアレンジ
ごぼうやゆでた根菜類を射込むと、滋味あふれる味わいになります。
野﨑洋光 総料理長 写真

監修 野﨑洋光

1953年福島県生まれ。武蔵野栄養専門学校卒業。
1980年「とく山」の料理長に、1989年に「分とく山」を開店し、総料理長となる。和食の技と素材の味を活かした家庭料理のレシピで定評がある。
著書に、「日本料理 味付け便利帳」(柴田書店)など多数。

練りもので 酒の肴 一覧