HOME > プロのイチオシれしぴ > 〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り > 3月 揚ボール白菜汁

〜野﨑総料理長の〜 練りもので 酒の肴 綴り

3月 揚ボール白菜汁

白菜の滋味あふれる味わいとともに、粋にたしなむ

寒い季節に風味を増す、白菜を使った一品。揚ボールの食感と白菜のやさしい風味を、余すことなく堪能できます。

材料(2人分)

揚ボール1袋
白菜150g(葉1枚)
わけぎ2本
500cc
昆布5cm×5cm
A
 薄口しょうゆ小さじ1/2
 塩小さじ1/2
 酒小さじ1/2
B(あらかじめ混ぜておく)
 片栗粉大さじ1
 水大さじ1

作り方

  1. 1:白菜は、1cmのざく切りにする。わけぎは、小口切りにする。
  2. 2:鍋に水と昆布、白菜、揚ボールを入れて、火にかける。
  3. 3:2が沸騰したら昆布と揚ボールを取り出し、白菜がやわらかくなるまで煮る。
  4. 4:煮た白菜を取り出し、ミキサーにかけてペースト状にする。
  5. 5:4と揚ボールを鍋にもどし、火にかける。Aで味を整え、Bでとろみをつける。仕あげに、わけぎを飾る。

工程のポイント

あらかじめ白菜と揚ボールを一緒に煮ることで、それぞれのうま味がまろやかに引き出されます。

季節のアレンジ

春のアレンジ
ほのかな苦みを持つセロリを加えることで、味わいがさらに広がります。
夏のアレンジ
きりっと冷やすと、味がよくなじみ、涼感を誘う一品になります。
夏のアレンジ
秋のアレンジ
じゃがいもやにんじんを入れることで、ポタージュのような味わいになります。
野﨑洋光 総料理長 写真

監修 野﨑洋光

1953年福島県生まれ。武蔵野栄養専門学校卒業。
1980年「とく山」の料理長に、1989年に「分とく山」を開店し、総料理長となる。和食の技と素材の味を活かした家庭料理のレシピで定評がある。
著書に、「日本料理 味付け便利帳」(柴田書店)など多数。

練りもので 酒の肴 一覧