HOME > 知る > 紀文のお正月 > お正月のいわれ > 江戸文化と和の暮らし

お正月のいわれ

江戸文化と和の暮らし −日本人とおせち−

江戸東京博物館館長 竹内 誠(たけうち まこと)

元 江戸東京博物館館長 竹内 誠(たけうち まこと)
江戸の暮らしはシンプル&スロー、つまり自然や人との共生を志向していました。おせち料理が庶民に定着したのは江戸時代。江戸の庶民が親しんでいた和の暮らしと、現代の暮らしについて振り返り、見直してみたいと思います。

「おせち」(お節)の意味

お節というのは、正月には限らず、年中行事の行われる日、多くは季節の変わり目の行事をさし、節日、物日ともいいます。しかし同時に、節の日に作るご馳走やお供え餅もお節といいました。また、それを振舞うことをお節振舞といいます。つまり、二つの意味があるのです。

節の日には、元日(1月1日)、人日(1月7日)、上巳(3月3日)、端午(5月5日)、七夕(7月7日)、重陽(9月9日)、煤掃き(12月13日)があります。

江戸時代の川柳に「すすはき(煤掃き)の御せちがいわゐ(祝い)納也」(『誹風柳多留』安永9年)が残っていますが、これは、煤掃きという祝いが今年の最後のお節だという川柳です。煤掃きは大掃除のことです。武家屋敷や商人の大店では、煤掃きが終わると、年男を胴上げする慣わしがありました。これがいまの胴上げの起源です。胴上げには、空中に上がることによってその年の厄を落とすという意味がありました。地方によっては、胴ぶるいといって年男の体を震わせて、厄を落とすところもありました。

なお、古代宮廷において、節の日に行われた宴会を節会(せちえ)といいます。五位あるいは六位以上の官吏たちが朝廷に招かれて、節会が行われました。例えば馬の走る姿を見る白馬の節会(あおうまのせちえ)(1月7日)、あるいは全国から力自慢を集めて、天皇の前で相撲をとる奈良時代から始まった相撲の節会(すまいのせちえ)(7月7日)などがあります。民間では節会とはいわず、節供(句)といいました。

次のページは正月の「おせち」です。

こちらもあわせてご覧ください