HOME > 知る > 紀文のお正月 > お正月のいわれ > 江戸文化と和の暮らし

お正月のいわれ

江戸文化と和の暮らし −日本人とおせち−

江戸東京博物館館長 竹内 誠(たけうち まこと)

元 江戸東京博物館館長 竹内 誠(たけうち まこと)
江戸の暮らしはシンプル&スロー、つまり自然や人との共生を志向していました。おせち料理が庶民に定着したのは江戸時代。江戸の庶民が親しんでいた和の暮らしと、現代の暮らしについて振り返り、見直してみたいと思います。

自然との共生 −スローライフ−

イギリスの園芸学者フォーチュンは、幕末に日本を訪れ、「幕末日本探訪記」の中で次のように述べています。

「日本人の国民性の著しい特色は、下層階級でもみな生来の花好きであるということだ。気晴らしにしじゅう好きな植物を少し育てて、無上の楽しみにしている。もしも花を愛する国民性が、人間の文化生活の高さを証明するものとすれば、日本の低い層の人々は、イギリスの同じ階級の人たちに較べると、ずっと優って見える。」(フォーチュン『幕末日本探訪記』)

フォーチュンは、日本人が世界一の園芸愛好家であると感じたようです。草花は季節と密接な関係にあり、春、夏、秋、それぞれに咲く花があります。つまり暮らしの中に四季がある、時の移ろいがあるといえます。食生活においても時の移ろいがしっかりとしみこんでいるのが日本人の暮らしぶりです。

人々の暮らしが自然と一体化しているので、時計など必要ありません。カレンダーもいりません。昼間、太陽が出ていれば、その角度と位置や町の風景によって何時かわかります。太陰暦は月にあわせているので、月を見れば何日かわかります。そういう自然とのかかわりで時の移ろいを感じているのです。

こういう時間に対する観念が、江戸人と現代人とでは一番違うところではないでしょうか。現代は資本主義社会ですから「時は金なり」で、1分1秒を争って生活しています。ところが江戸の人は、時を味わう。時を楽しむ。スローライフです。時は決して早くありません。時間がたつのが早いと感じているのは、現代人が勝手に忙しくしているからです。人の心の持ちようで、時は決して早くはないのです。

しかし、「時は金なり」でないと資本主義社会では生きていけません。車社会になり、新幹線などもでき、便利な時代になって時間もずいぶん浮きました。その浮いた時間をまたすべて仕事につぎ込んでしまうのがいけないのです。バランスを考えて、浮いた時間の半分はゆとりへまわしたいものです。

こちらもあわせてご覧ください