HOME > 知る > 【おでん】教室 地理:日本のおでんいろいろ

紀文アカデミー

【おでん】教室 地理

日本のおでんいろいろ

おでんは家庭ごとの味つけや種ものの違いのほか、地域色も非常に豊かです。だしや味つけ、種ものなどに地域の名産を使ったご当地ならではのおでんが全国各地にあります。青森風おでん、静岡風おでん、名古屋風おでん、沖縄風おでんなどは有名です。

日本のおでんいろいろ

北海道・東北

青森風おでん
青森風おでん
北海道の種ものは、ふきやわらびなどの山菜、ツブやホタテなどの貝類が入るのが特徴。ホッケのつみれや、タラの白子を自家製で出す店もあります。東北でも地場の食材を入れるのは同じですが、青森市周辺ではおでんを皿にとって、しょうがみそをかけて食べるのが特徴です。
<室蘭風おでん>

北海の幸のホタテやツブ貝などの魚介類を昆布ベースのだしで煮込み、みそだれで食べる。

<青森風おでん>

ツブ貝、ネマガリダケ、大角天など独特の具が入ったおでんに、しょうがみそだれをかけて食べる。

<仙台風おでん>

焼干しと昆布を使って作る、にごらずすっきりとしたつゆ。かんぴょうの鉢巻をしたいいダコを入れると「おでん三吉」風。

関東

かつお節のだしを効かせ、濃口しょうゆで味つけするのが関東風おでんの特徴です。東京を中心に根強い人気なのが「ちくわぶ」「はんぺん」「すじ」「つみれ」。関東の「すじ」は関西の牛すじとは違い、魚の軟骨や筋も一緒にすりつぶした練りもので、軟骨のコリコリとした食感と筋のモチモチとした弾力が特徴。「ちくわぶ」は小麦粉に水と塩を加えてこねた、外側に歯車のようなギザギザを付けた、ちくわのように穴が空いた形状のもの。ほかの地域ではあまり見ることがありません。
<関東風おでん>

関東の特徴的な種もの「ちくわぶ」と「すじ」が入っている。

中部

静岡風おでん
静岡風おでん
静岡では、だし粉がかかった黒はんぺんや豚モツが特徴的で、名古屋ではみそで煮込んだおでんが親しまれています。山間部の飯田(長野)では、つけだれに特徴があります。日本海側の富山や金沢では、赤巻き、バイ貝、車ふ、ふかしと、種ものに特徴があります。
<静岡風おでん>

濃口しょうゆを使い牛すじ肉でだしを取った黒いつゆを使用し、種ものに竹串を刺し、「だし粉」と呼ばれるイワシの削り節やかつお節、青のりをかけて食べる。

<名古屋風おでん>

かつおだしに八丁みそを加え、すじ肉や里いもなどの種ものを入れて煮込むおでん。

<飯田風おでん>

しょうゆのだし汁で煮た一般的なおでんに、ねぎだれをかけて食べる。

<富山風おでん>

塩と昆布やかつお節でとっただし汁に、種ものを入れて煮込み、「白とろろ昆布」や練りからしを添えて食べる。

<金沢風おでん>

あっさりとした繊細なだしで、赤巻き、バイ貝、車ふ、ふかしなどを煮込んだおでん。ズワイガニを使った「カニ面」を供する店舗もある。

関西

大阪のおでん
大阪のおでん
大阪では、おでんのことを「関東煮」と言います。かつおだしの江戸の煮込みおでんが関西に伝わり、新たに昆布だしが加えられて深みを増した「関東煮」は、関東大震災後に東京に逆戻りして普及しました。大阪の関東煮に欠かせなかったのがクジラの「コロ」。クジラが貴重品になったため、「さえずり」とともに今では高級種ものの一つに。牛すじやタコも入ります。京都では京野菜や湯葉が種ものとして使われます。
<京都風おでん>

さば節・昆布を使っただし汁に、種ものを入れて煮込む。聖護院大根やえびいもなど京の伝統野菜を入れる場合も。

<大阪のおでん>

昔はクジラの「コロ」や「さえずり」などを種ものとして使われていたが、現在は高級食材なので、牛すじやタコなどが入っている。

中国・四国

姫路風おでん
姫路風おでん
つけだれに特徴のあるエリア。香川や徳島ではからしみそを、愛媛では「みがらしみそ」という麦みそベースのからしみそをつけていただきます。さらに地域や店によっても使われるみそが違います。四国の讃岐うどん店では、おでんも置いてあり、セルフサービスで選べます。
<姫路風おでん>

しょうがじょうゆをかけて食べるおでん、関東煮タイプと薄味タイプと両方がある。

<高知風おでん>

昆布・かつお節・鶏ガラでしっかり取っただし汁を使用。じゃこ天や牛すじなど濃厚な味わいのおでん。

九州・沖縄

沖縄風おでん
沖縄風おでん
九州や沖縄では、比較的コクのあるおでんが味わえます。福岡・佐賀・大分を中心に、餃子巻が普及しており、単品で惣菜として人気が出て、九州南部に広がりつつあります。一方、沖縄は暑い土地なのでおでんのイメージはありませんが、実はおでん屋が多く、スーパーの惣菜コーナー脇にもおでん鍋がある店舗も。沖縄のおでんは豚足(テビチ)が入ったコクのある味で、ソーセージが入るのも特徴。青菜をおでん汁でさっと煮て食べるなど、栄養バランスのよい、長寿の土地ならではの味と言えます。
<博多風おでん>

鶏からとっただし汁に、餃子巻を入れたおでん。

<長崎風おでん>

焼あご(トビウオ)からとったおでん汁を使った、コクのあるおでん。

<沖縄風おでん>

豚足やウインナー、昆布が入り、旬の葉物野菜が添えられる。