HOME > レシピ > おでん > 渡辺あきこさんの高松風おでんのレシピ

渡辺あきこさんの高松風おでんのレシピ

高松市内の讃岐うどん店には、おでんコーナーがあり、2種類のみそだれ(白みそとからしなどで作るたれと、赤みそと砂糖などで作るたれ)をつけておでんをいただきます。

  • 調理時間:分
  • エネルギー:521kcal
  • 塩分:6.9 g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(4人分)

  • 大根

    400g

  • 里いも

    4個

  • 4個

  • 黒こんにゃく

    1枚

  • 白天

    4枚

  • 厚揚げ

    1枚

  • さつま揚

    4枚

  • 揚ボール

    1パック

  • 牛すじ串(市販品)

    4本

  • <煮汁>

  • 1500ml

  • いりこ

    30g

  • 昆布

    10g

  • A 淡口しょうゆ

    大さじ2

  • A みりん

    小さじ2

  • A 塩

    小さじ1/2

  • <みそだれ白>

  • 白みそ

    50g

  • 練りがらし

    小さじ1

  • 砂糖

    小さじ1

  • おでんの煮汁

    大さじ2

  • <みそだれ赤>

  • 赤みそ

    50g

  • 砂糖

    大さじ3

  • みりん

    大さじ1

作り方

  1. 1<だしをとる>鍋に水、いりこ、昆布を入れて中火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出し、弱火で15分煮て、こす。
  2. 2大根は2.5cm厚さの輪切りにして薄く皮をむき、竹串がすっと通るまで30分ほどゆでる。里いもは皮をむき大きいものは半分に切り、大根とともにかためにゆでる。
  3. 3卵は水からゆで、沸騰したら8分ゆでて水にとり、さめたら殻をむく。
  4. 4こんにゃくは串の先にさす分として1/4枚を1.5cm角に切り、残りは縦半分に切って三角に2つに切り、熱湯で2分ゆでる。
  5. 5厚揚げ、さつま揚、揚ボールはザルにのせ熱湯を回しかけて油抜きする。厚揚げは4つに切る。
  6. 6大根と牛すじ串以外の材料を串にさす。それぞれの串の先に1.5cm角に切ったこんにゃくをさす。
  7. 71のだし汁にAの調味料を加え、大根、里いも、こんにゃく、牛すじ串を入れて中火にかけ、沸騰したらフタをして弱火で20分煮る。
  8. 8残りの材料を加え、10分煮る。味をみて塩少々(分量外)を加えて味をととのえる。
  9. 9火を止め、そのままさまして味を含ませる。
  10. 10みそだれの材料を混ぜ合わせて添える。

ワンポイント

今回はだしに瀬戸内のいりこを使用しましたが、鶏がらだしのうどん店もあります。

串の先にあるこんにゃくは、うどん店で種ものが串から抜けない工夫だそうです。

香川の名産の白天(さつま揚)の代わりに、平天でもよいでしょう。