HOME > お問い合わせ > よくあるお問い合わせ > 料理方法

よくあるお問い合わせ

料理方法
練り製品を料理するときの様々な情報について

それぞれの質問をクリックしていただくと、回答部分が開閉します。

さつま揚は電子レンジで温めて、食べられますか?

レンジでさっと温めるだけでも召しあがれます。お皿にのせてラップをふんわりとかけ、500~600Wの電子レンジでは、1枚(約50g)20~30秒が目安です。

※調理時間は電子レンジの機種により多少異なりますので、温め足りない場合は、様子を見ながら追加で10秒ずつ加熱してください。

はんぺんやさつま揚は、加熱しないで、そのまま食べても良いのですか。

加熱しないでそのまま召し上がれます。「はんぺん」、「魚河岸あげ®」、「揚ボール」、「さつま揚」、「チーちく®」など、練り製品は加熱済み食品ですので、そのまま、またはサラダなどで召し上がれます。

蒲鉾をお弁当に入れる時、そのまま入れて良いですか?

蒲鉾は加熱済み食品ですので、そのまま加熱せずにお弁当に入れて、お召しあがりいただけます。 蒲鉾は詰める直前に開封、調理してください。なお、ご飯や他のおかずはしっかり冷ましておいてください。

 

 

はんぺんを使った伊達巻の作り方を教えて下さい。

『レシピ』>『はんぺん』でご紹介しています。右記のリンクよりご覧ください。

 

おでんを作る時、はんぺんをいつ入れたら良いのですか。

おでんが煮上がる寸前に、はんぺんを入れて、汁をはんぺんに掛けて下さい。はんぺんが軽く温まったくらいが、おいしいはんぺんを召しあがるタイミングです。煮すぎると、はんぺん本来の風味がそこなわれ、しぼんでしまいます。

ちくわぶは、どのように調理したらよいのですか。

おでんや煮物として召しあがる場合は、汁の中に入れて20〜40分程、コトコト弱火で煮て下さい。もし、ちくわぶ独特の匂いが気になるようでしたら、湯通ししてからご利用ください。

「おでん一人前(調理済おでん)」を、電子レンジで加熱しても良いですか。

おでんを容器に移してから加熱してください。この時、玉子が汁の表面から出ていると破裂する恐れがありますので、あらかじめ玉子の表面に、黄身に届く程度の切り込みを入れて下さい。そして、玉子が汁の表面から出ないようにした上で、ラップをゆるくかけてから電子レンジで加熱してください。

「ごまとうふ」を温めても良いですか。

紀文の「ごまとうふ」の主原料はでん粉です。従って、温めると溶けてしまいます。冷して、そのままお召しあがりください。「枝豆とうふ」も同様です。このことはパッケージに『温めると溶けます。』と記載しております。

「さつま揚」をおでんで食べるときには、油抜きをしたほうが良いのですか。

油抜きをせずそのままお使いいただけますが、油が気になるようでしたら、さつま揚をザルに入れて、上から熱湯を少しかけて表面の油を除いてください。さつま揚に味がしみこみやすく、汁が濁らず、おでんがきれいに仕あがります。