HOME > レシピ > おせち料理 > 今泉久美さんの基本のおせち(みつ煮 黒豆)のレシピ

今泉久美さんの基本のおせち(みつ煮 黒豆)のレシピ

今泉久美さんの基本のおせち(みつ煮 黒豆)

豆の素材本来の味を生かした、甘さひかえめの爽やかな味わい。みつ煮タイプの黒豆です。

  • 調理時間:300分
  • エネルギー:255kcal
  • 塩分:0.0 g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(作りやすい分量(4~5人分))

  • 黒豆(乾)大粒

    250g

  • 砂糖

    作り方参照

作り方

  1. 1黒豆は洗って容量の3~4倍の水(約5~6 1/2カップ※分量外)に浸し、冷蔵庫などで12時間ほどもどす。(室温の場合は8時間ほど浸す)
  2. 2厚手の鍋に1を水ごと全て入れ火にかけ、煮立ったらアクを引き、フタをしてごく弱火で5時間前後、黒豆が柔らかくなるまでゆでる。途中で豆を傷つけないように鍋底から混ぜ、水適量を追加して煮立て、その都度アクを引く。
  3. 3火を止めそのまま冷まし水にとり、皮の破けたものなどは取り除く。
  4. 4鍋に水2カップ、砂糖1/2カップを加え煮立て、3の豆を加え再沸騰したらアクを引き、5分ほど煮てフタをし冷ましておく。
  5. 54をザルにあけ汁けをきる。空いた鍋に2カップ、砂糖1カップ強を煮立て、汁けを切った豆を加え再び煮立ったらアクを引き、火を止めそのまま冷ます。

ワンポイント

ふっくら炊いた黒豆は柔らかく、甘さひかえめで豆の素材の味が味わえる黒豆です。味を見てもの足りなければ好みで砂糖を足して煮立て、薄口しょうゆ少々を加えてもよいでしょう。
ていねいにアクを引き、手間ひまかけることで、上品な味わいに仕上がります。
冷蔵庫で保存するときは、4~5日経ったら一度加熱しなおしてお召し上がりください。皮が破けてはじいた豆は、サラダやトマト煮に使用してもよいでしょう。

このレシピに使用した商品