HOME > レシピ > プロのイチオシレシピ > 野崎総料理長のはんぺんの鍋照り焼き丼のレシピ

野崎総料理長のはんぺんの鍋照り焼き丼のレシピ

野崎総料理長のはんぺんの鍋照り焼き丼

甘みのあるほくほくのかぼちゃと、魚の旨みの効いたはんぺん。味のコントラストが楽しい一杯です

  • 調理時間:分
  • エネルギー:588kcal
  • 塩分:1.7 g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(4人分)

  • はんぺん

    2枚

  • ご飯

    800g

  • かぼちゃ

    300g

  • 大さじ1

  • 万能ねぎ

    4本

  • 海苔

    適宜

  • (A)たれ

  •  酒

    120cc

  •  みりん

    120cc

  •  濃口しょうゆ

    20cc

作り方

  1. 1かぼちゃを8mm幅に切る。はんぺんは半分に切り、さらに5等分の斜めに切りにする。万能ねぎは小口切りにする。海苔は細く刻む。
  2. 2熱したフライパンに油をしき、かぼちゃの両面を焼く。七分くらい火が通ったら、はんぺんを入れて焼き目をつける。
  3. 3色よく焼けたら、余分な油をふき取る。Aを入れ、強火で煮詰めていく。
  4. 4ご飯を器に盛り、3を盛りつけて万能ねぎ、海苔をのせる。

ワンポイント

魚が原料のはんぺんは、甘辛い照り焼きのたれと好相性。さばいたり、小骨をとる手間もないので、ぶりや鮭の鍋照り焼きよりも簡単に調理ができる点が魅力です。
はんぺんは、照りをのせる前に表面に焼き色をつけることがポイント。一層風味が際立ち、ご飯がどんどん進みます。
「ごはん便り」より

このレシピに使用した商品