HOME > レシピ > プロのイチオシレシピ > 野崎総料理長のダブルさつまご飯のレシピ

野崎総料理長のダブルさつまご飯のレシピ

野崎総料理長のダブルさつまご飯

さつまいもと、野菜がたっぷり入ったさつま揚の「野菜てんぷら」を使った「ダブルさつまご飯」です。
さつま揚は、コクと魚の深い旨みがあり、さつまいものやさしい甘みと好相性。

  • 調理時間:分
  • エネルギー:354kcal
  • 塩分:1.6 g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(4人分)

  • 野菜てんぷら

    4枚

  • さつまいも

    100g

  • 3合

  • 長ねぎ(青い部分)

    30g

  • (A)

  •  水

    450cc

  •  薄口しょうゆ

    45cc

  •  料理酒

    45cc

作り方

  1. 1米を洗い、15分ほど浸水させたら、ざるに上げて15分おく。さつまいもはくし型に切り、軽く水で洗ったあと水気を切る。
  2. 2土鍋に1とAを入れて蓋をして強火にかける。(炊飯器で炊く場合は早炊きで設定する。)
  3. 3沸騰してきたら箸で軽くかき混ぜ、中火に落として5分、さらに火を弱めて5分炊く。
  4. 4水分がなくなったら、5等分にスライスした「野菜てんぷら」を入れ、火を止めて15~20分蒸らす。
  5. 5小口切りにした長ねぎをのせる。

ワンポイント

「野菜てんぷら」の野菜の甘みが加わることにより一層風味が増し、味わいが深まります。
土鍋で炊きあげることでご飯はふっくらつやつや、「野菜てんぷら」は野菜と魚の風味が一層増して、ふわふわの食感に。
ふんわりした「野菜てんぷら」と香ばしいおこげと共に、秋の実りを炊き込みご飯でお楽しみください。
「ごはん便り」より

このレシピに使用した商品