HOME > レシピ > おでん関連 > 青森風おでんのレシピ

青森風おでんのレシピ

竹の子・ほたて貝などを加え、山海の幸のバランスがよいおでんです。津軽みそで作った生姜みそだれが特徴です。

  • 調理時間:70分
  • エネルギー:415kcal
  • 塩分:10.5 g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(4人分)

  • はんぺん(大判)

    1枚

  • 焼ちくわ

    1パック

  • 揚ボール

    1パック

  • 魚河岸あげ®

    2個

  • ほたて貝またはつぶ貝(ボイル)

    100g

  • 大根

    1/3本

  • 白こんにゃく

    1枚

  • 竹の子(水煮)

    200g

  • ゆで卵

    4個

  • 結び昆布

    4本

  • A おでん汁の素顆粒

    2袋

  • A 水

    2200ml

  • <生姜みそ>

  • B みそ(米・赤みそ)

    60g

  • B みりん

    50ml

  • B 酒

    50ml

  • B おろし生姜

    30g

作り方

  1. 1はんぺんは8等分の三角形に切り、焼ちくわは長さを2等分し、さらに斜め2等分に切る。
  2. 2大根は2cm厚さに切り、片面に十文字の切り込みを入れ、下ゆでする。
  3. 3白こんにゃくは両面に細かく包丁で切り込みを入れて(かくし包丁)、食べやすい大きさに切る。竹の子も食べやすい大きさに切る。
  4. 4鍋にAを煮立て、大根、白こんにゃく、竹の子、ゆで卵、結び昆布を加えて、弱火で約20分煮る。
  5. 54に焼ちくわ、揚ボールを加え、約5分煮たら、魚河岸あげ®、ほたて貝を加えてさらに約10分煮る。
  6. 6はんぺんは火を止める直前に加え、汁をかけて温める。
  7. 7<生姜みそを作る>
  8. 8Bの材料をよく混ぜ合わせておく。
  9. 9鍋に8を入れ、よくかき混ぜながら火にかけ、沸騰したら火を止めて10分ほどさます。粗熱がとれたらおろし生姜を加えよく混ぜる。

ワンポイント

津軽みそ(米・赤みそ)を使った甘辛い生姜みそをかけるのが特徴です。
白こんにゃくは東北おでんの代表的な種ものですが、代わりに黒こんにゃくでもよいでしょう。