HOME > レシピ > おでん関連 > 渡辺あきこさんの秋田風おでんのレシピ

渡辺あきこさんの秋田風おでんのレシピ

焼き干し・昆布・干ししいたけのだしに、甘めの味つけをした滋味あふれるおでんです。地場の山菜「ニオサク」が特徴です。

  • 調理時間:分
  • エネルギー:270kcal
  • 塩分:3.9 g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(4人分)

  • 大根

    600g

  • 4個

  • 白こんにゃく

    1枚

  • 焼ちくわ

    1パック

  • さつま揚

    4枚

  • かんぴょう

    5g

  • ニオサク(水煮)

    8本(100g)

  • <煮汁>

  • 1600ml

  • 焼き干しいわし

    20g

  • 干ししいたけ

    2枚

  • 昆布

    10g

  • A しょうゆ

    大さじ2

  • A 酒

    大さじ2

  • A 砂糖

    大さじ1

作り方

  1. 1<だしをとる> 鍋に水、焼き干し、干ししいたけ、昆布を入れて2時間おく。中火にかけ、弱火で15分煮る。昆布と焼き干しを取り出し、昆布は一口大に切っておく。
  2. 2大根は4cm厚さの輪切りにして薄く皮をむき、20分ゆでる。
  3. 3卵は水からゆで、沸騰したら8分ゆでて水にとり、さめたら殻をむく。
  4. 4こんにゃくは三角に4等分して(2等分し、斜めに切って三角にする)2分ゆでる。ちくわは斜めに2つに切る。さつま揚は2つに切りザルにのせ、熱湯を回しかけて油抜きする。
  5. 5かんぴょうは塩もみして洗い、かためにゆでる。ニオサクを5cm長さに切り、小分けにしてかんぴょうで結ぶ。
  6. 61のだし汁にAの調味料を加え、大根、こんにゃくを入れてフタをして弱火で30分煮る。ちくわ、さつま揚、1の昆布、ゆで卵、ニオサクを加えて15分煮て、味をみてしょうゆ少々(分量外)を加えて味をととのえる。
  7. 7火を止め、そのままさまして味を含ませる。

ワンポイント

秋田風おでんは、大根やちくわにだしがしみた甘めの煮物のような味つけなので、種ものは普段より大きめに切りましょう。
白こんにゃくの代わりに黒こんにゃく、ニオサクの代わりとしてわらびでもよいですが、山菜が入手しにくい場合は春野菜のアスパラガスでもよいでしょう。

このレシピに使用した商品