HOME > レシピ > おでん関連 > 静岡風おでんのレシピ

静岡風おでんのレシピ

濃口しょうゆで味つけした、コク深い黒いつゆが特徴のおでんです。だし粉と青のりをかけてお召しあがりください。

  • 調理時間:80分
  • エネルギー:438kcal
  • 塩分:7.7g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(4人分)

  • 黒はんぺん

    4枚

  • なると巻

    2本

  • 焼ちくわ

    1パック

  • さつま揚

    4枚

  • 揚ボール

    1パック

  • 豚もつ(ボイル)

    100g

  • 牛すじ肉

    200g

  • A 水

    1000ml

  • A しょうゆ

    大さじ1

  • 大根

    1/3本

  • ゆで卵

    4個

  • 結びしらたき

    4個

  • 結び昆布

    4本

  • B おでん汁の素顆粒

    1袋

  • B 水

    1500ml

  • B みりん

    大さじ2

  • B しょうゆ

    大さじ1 1/2

  • だし粉

    適量

  • 青のり

    適量

作り方

  1. 1豚もつと牛すじ肉は、それぞれ食べやすい大きさに切り下ゆでする。(ゆで汁は捨てる)
  2. 2鍋にAを煮立て、1の牛すじ肉を加え、中火で約30分煮る。(アクがでたら取り除く)
  3. 3大根は2cm厚さに切り、片面に十文字の切り込みを入れ、下ゆでする。
  4. 4なると巻は長さを2等分に、焼ちくわは縦2等分に切りさらに斜め2等分に切る。
  5. 52にBを加え煮立て、1の豚もつ、3の大根とゆで卵、結びしらたき、結び昆布を加え、弱火で約20分煮る。
  6. 65に黒はんぺん、なると巻、焼ちくわ、さつま揚、揚ボールを加え、さらに20分ほど煮る。
  7. 7だし粉と青のりを種ものにかける。

ワンポイント

静岡おでんに欠かせないのは、黒はんぺん、なると巻、牛すじ、豚もつなどの串にさした種もの。また だし粉(鰯や鰹の粉)と青のりをかけて食べるのが静岡流です。
かつおの風味豊かな「紀文のおでん汁の素」と牛すじでとったおでんの汁は、豊かなコクと独特の黒い色合いが特徴です。
黒はんぺんの代わりにつみれでもよいでしょう。

このレシピに使用した商品