HOME > ブランドサイト > 笹かま > 笹かまの日

笹かまをみんなにシェアする

笹かま

twitter facebook
七夕は笹かまの日 笹かまを食べて星に願いを。

七夕は笹かまの日 笹かまを食べて星に願いを。

七夕には、小さな笹竹を用意して五色の短冊に願い事。
そして笹かまをいただけば願い事はきっと叶うはず…

7月7日(七夕)は「笹かま」の日

7月7日(七夕)は「笹かま」の日

「七夕」が「笹の節句」と呼ばれることから、7月7日(七夕)を「笹かまの日」として制定しました。
笹竹は、“神迎え”や“寄りついた災厄を水に流す役目”があり、正月の門松や注連飾りと同様、神様が降り立つ目印として立てられたと言われています。
七夕の日に笹かまを食べ、夜空を見上げながら願いを唱え、家族団らんの時間を過ごしてほしいという願いを込めてこの活動を行っています。

七夕の節句について詳しくはこちら
記念日登録証

株式会社紀文食品は宮城県蒲鉾組合連合会と共に、7月7日(七夕)を「笹かまの日」と制定しました。
日本記念日協会はこちら

なるほど納得!!

「笹かま」の歴史

笹かまぼこの起源

仙台市内のかまぼこ店が、ヒラメを用いた笹の葉型の焼きかまぼこを売り出したのがはじまりと言われています。
明治35,6年頃、閖上(ゆりあげ)から金華山(金華山)にかけて、ヒラメの大量がつづきました。
消費地である仙台に盛んに運び込まれましたが、当時は輸送力も、保存設備も不十分で、ひと山いくらで叩き売りされても、なお持て余す始末でした。
そこで贅沢なヒラメを使ったかまぼこが作られるようになりました。

笹かまぼこの起源

仙台市内のかまぼこ店が、ヒラメを用いた笹の葉型の焼きかまぼこを売り出したのがはじまりと言われています。
明治35,6年頃、閖上(ゆりあげ)から金華山(金華山)にかけて、ヒラメの大量がつづきました。
消費地である仙台に盛んに運び込まれましたが、当時は輸送力も、保存設備も不十分で、ひと山いくらで叩き売りされても、なお持て余す始末でした。
そこで贅沢なヒラメを使ったかまぼこが作られるようになりました。

笹かまぼこ

現在のような「笹かまぼこ」の
おいしさになったのはなぜ?

ヒラメのかまぼこは香りや味は上等ですが、たらやぐちなどの身の硬い魚のように腰の強さがないのが欠点でした。 試行錯誤のすえ、鮮度の良い材料に鰹節で味をつけ、でん粉などの増量材は使わず、みりん・酒・砂糖・卵白等で練り合わせることで、パリッとした食感のかまぼこが完成し、今日に至っています。
現在では各社趣向を凝らした商品を販売しています。

現在のような「笹かまぼこ」のおいしさになったのはなぜ?

ヒラメのかまぼこは香りや味は上等ですが、たらやぐちなどの身の硬い魚のように腰の強さがないのが欠点でした。 試行錯誤のすえ、鮮度の良い材料に鰹節で味をつけ、でん粉などの増量材は使わず、みりん・酒・砂糖・卵白等で練り合わせることで、パリッとした食感のかまぼこが完成し、今日に至っています。
現在では各社趣向を凝らした商品を販売しています。

名前の由来

明治・大正の頃は、その形状から、「べろ[舌]かまぼこ」や「手のひらかまぼこ」と呼ばれていました。
昭和の時代に伊達家の家紋である「竹に雀」から、「笹かまぼこ」と呼ばれるようになりました。

名前の由来

明治・大正の頃は、その形状から、「べろ[舌]かまぼこ」や「手のひらかまぼこ」と呼ばれていました。
昭和の時代に伊達家の家紋である「竹に雀」から、「笹かまぼこ」と呼ばれるようになりました。

伊達政宗像
参考文献:
「要説 宮城の郷土誌」仙台市民図書館編 種部金蔵 編者
「全国水産加工総覧」福田裕・山澤正勝・岡崎恵美子 監修
注訳:
「笹かま」は、登録商標です
参考文献:
「要説 宮城の郷土誌」仙台市民図書館編 種部金蔵 編者
「全国水産加工総覧」福田裕・山澤正勝・岡崎恵美子 監修
注訳:
「笹かま」は、登録商標です

紀文の笹かま 商品ラインナップ

鯛入り笹かま 4枚
鯛入り笹かま 4枚
ふっくらとした厚み、ぷりっとした食感・鯛の旨みをお楽しみいただけます。
笹かま 4枚 塩分35%カット
笹かま 4枚
塩分35%カット
おいしさはそのままに、塩分を35%カットしました。
厚焼き笹かま 6枚
厚焼き笹かま 6枚
肉厚でぷりっとした食べごたえのある笹かまです。
チーズ入り厚焼き笹かま 6枚
チーズ入り
厚焼き笹かま 6枚
肉厚の笹かまに、コクのある2種のチーズを加えました。
しそ入り厚焼き笹かま 6枚
しそ入り
厚焼き笹かま 6枚
肉厚の笹かまに風味豊かなしその葉を加えました。
ほたて入り厚焼き笹かま 6枚
ほたて入り
厚焼き笹かま 6枚
香ばしい醤油風味が味わえる、国産ほたて入りの肉厚な笹かまです。

HOME > ブランドサイト > 笹かま > 笹かまの日