HOME > 紀文のおせち料理-2020年 > おせち料理の盛りつけ > 飾り切り

おせち料理の盛りつけ
飾り切りDecorative cut

和食の基本がすべて詰め込まれているといわれるおせち料理。
飾り切りという美しい切り方もその一つです。
くじゃくや松竹梅、ちょうちょなど見た目にも美しい切り方で、
おせち料理をいっそう華やかに演出しましょう。

蒲鉾

  • くじゃく Peacock
  • くじゃく Peacock
    1. 5㎜の厚さに切り、紅い方を手前に向けて置く
    2. 奥側の白い部分を5㎜ほど残し、2~3㎜幅で細い切込みを入れる
    3. ひとつひとつ丁寧に折込む ※同じ方向に
    4. すべて折込んで、形をととのえて出来上がり ※段々丸まっていく
  • ちょうちょButterfly
  • ちょうちょButterfly
    1. かまぼこの両端に箸を置きはさむ
    2. 3㎜の厚さに、箸にぶつかるまで切り込みを入れる
    3. 箸を外し、さらに3㎜の厚さに切り離す
    4. 紅い方を手前に向けて置き、2等分に切る
    5. 触覚になる切込を3㎜幅で深めに入れる ※奥は5㎜ほど残す
    6. 3㎜幅で浅い切込を入れる ※真ん中より下から
    7. 羽を開き、切込に根元を押し上げのせる
    8. 出来上がり ※二羽の番い
  • 結び蒲鉾Knot Kamaboko
  • 結び蒲鉾Knot Kamaboko
    1. 8㎜の厚さに切る
    2. 切った蒲鉾を縦におき、真ん中に2cm切り込みを入れる
    3. 左右互い違いに切り込みを入れる(端は1cm残す)
    4. 切込みに一方を通す ※上から下に
    5. 切込みにもう一方を通す ※下から上に
    6. 形をととのえたら出来上がり
  • 松葉Matsuba
    1. 8㎜の厚さに切り、縦に置く
    2. 互い違いに切り込みを2箇所入れる ※三等分の位置で、端は1cmほど残す
    3. ねじりながら交差させ、形を整えたら出来上がり
  • 矢羽Arrow feather
  • 矢羽Arrow feather
    1. 1cm厚さに切り、縦に置く
    2. 紅側に、斜めに切込みを入れる
    3. 白い底面から、中心に向かい、切込をしっかりいれる
    4. 山型の方を切込に差込み、形を整える
  • あやめ Iris
    1. かまぼこの両端に箸を置きはさむ
    2. 3㎜厚さの切込を4回入れる ※箸にぶつかるまで
    3. 箸を外し、さらに3㎜の厚さに切りはなす
    4. 真ん中の1枚は、根元を2/3のところまで切込を入れる
    5. 両側の2枚も2/3のところまで切り込みを入れる ※真ん中と逆の方向に
    6. 真ん中を上側に、両端を内側にくるっと折り込み、形を整える
    7. 完成
  • うさぎRabbit
    1. 1cmの厚さに切り、縦に置く
      りんごの皮を剥くように切込みを入れていく ※2/3の所まで ※白い身まで、やや厚めに
    2. 切込の根元に1.5~2cmの切り込みを入れる
    3. 切り込みに蒲鉾の端を下から一回くぐらせる
    4. くぐらせた端を本体にそわせ、形をととのえたら出来上がり

野菜

  • ねじり梅Nejiri ume
  • ねじり梅Nejiri ume
    1. 人参は1cm厚さの輪切りにし、花型で抜く
    2. 花びらの間から中心に向け、あさく切込を入れる
    3. 2の切込に向かって、花びらの半分の位置から斜めに包丁を入れ切り落とす ※5回繰り返す
  • 花レンコンHana renkon
  • 花レンコンHana renkon
    1. 皮をむき、8〜10㎜厚さの輪切りにする
    2. れんこんの周囲の穴と穴の間に、V字に切り込みを入れていく
    3. それぞれを、丸く包丁で丸く整える
カンタン 家族で楽しむ飾り切り&デコカンタン 家族で楽しむ飾り切り&デコ
Moritsukeおせち料理の盛りつけに戻る
2020年特集 家族が集う おせちで祝う お正月 -器使いと盛りつけ・あしらいの工夫-2020年特集 家族が集う おせちで祝う お正月 -器使いと盛りつけ・あしらいの工夫-