HOME > レシピ > おせち料理 > おでん汁の素で作る関東風雑煮のレシピ

おでん汁の素で作る関東風雑煮のレシピ

おでん汁の素を使えば、だし汁の味付けが簡単に決まります。すまし仕立てのおいしいお雑煮です。

  • 調理時間:15分
  • エネルギー:212kcal
  • 塩分:0.6 g

※エネルギー・塩分は1人分の値です

材料(2人分)

  • 角餅

    2個

  • なると

    4切れ

  • 鶏むね肉

    60g

  • 小松菜

    30g

  • 大根

    20g

  • にんじん

    20g

  • A おでん汁の素顆粒

    小さじ2

  • A 水

    カップ2

作り方

  1. 1鶏肉はひと口大に切り、大根、にんじんはいちょう切りにする。
  2. 2小松菜は塩ゆでし、5cmの長さに切っておく。
  3. 3なるとは5mmの厚さに切る。
  4. 4餅はオーブントースターなどで焼き、熱湯にさっとくぐらせ器に盛っておく。
  5. 5鍋にAを煮立て、鶏肉、大根、にんじんを加え煮る(アクがでたら取り除く)。
  6. 6具に火が通ったら、鶏肉、大根、にんじんと2を盛り、汁を注ぐ。

ワンポイント

お好みで、柚子の皮を削りとったものをのせると、風味が一段とUPします。
小松菜の代わりに、みつばを加えてもおいしく召しあがれます。
おでん汁の素を1袋全量使う場合は、水1Lで希釈すれば、5~6人前のお雑煮のだし汁になります。

このレシピに使用した商品