HOME > 紀文のおせち料理-2020年 > おせち料理の盛りつけ > お重詰め

おせち料理の盛りつけ
お重詰めOjyu zume

お重詰めは「福を重ねる」というおめでたい意味が込められています。
元旦は、お重を囲んで、清々しい気持ちで集いたいものです。

基本の詰め方

  • 市松詰め
    市松詰めIchimatsu-zume
    縦横均等に区切った、日本の古典柄「市松模様」を模したものです。
  • 八方詰め
    八方詰めHappō-zume
    幸せが中央から八方に広がるようにと願いを込めた詰め方です。
  • 枡形
    枡形Masu-gata
    重箱を祝いの席で使用する「升」、お酒を飲む「枡」に見立てたものです。

銘々盛り
~はじめてのお重詰め~

  • 銘々盛り
    銘々盛りMeimei Mori
    初めてでも簡単な銘々盛りです。
  • 銘々盛り
アレンジ編
    銘々盛り
    アレンジ編Meimei Mori Arrange
    銘々盛りのおしゃれなアレンジです。

銘々盛りとは

銘々盛りとは一人分を一つのお皿に盛りつけることをいいます。
紀文では、一人分のおせち料理を小さめのお重箱の一段に盛りつける銘々盛りのお重詰めを推奨しています。ゆったりと盛りつけることで簡単におしゃれに仕あがります。
紀文のおせち商品情報紀文のおせち商品情報
Moritsukeおせち料理の盛りつけに戻る
2020年特集 家族が集う おせちで祝う お正月 -器使いと盛りつけ・あしらいの工夫-2020年特集 家族が集う おせちで祝う お正月 -器使いと盛りつけ・あしらいの工夫-