HOME > ブランドサイト > 紀文の風味とうふ

紀文の風味とうふ

ごまとうふや玉子とうふ、うなぎの蒲焼きなど
日本に昔から伝わる伝統料理を紀文は商品化してきました。
精進料理や専門料理店などでしか味わえなかった料理をご家庭に。
これが紀文の願いです。

おいしさのこだわり

~とうふ三昧~ 豊かな風味、爽やかなのどごし

  • ごまとうふ

    ごまの濃厚な味わいと芳醇な香りが楽しめる

    紀文のごまとうふは、きめ細かくクリーミーなねりごまと、ごま本来の味を生かしたねりごまの2種類を独自の技術でブレンドしています。こうすることで香ばしく、コクのある風味が生まれるのです。ごまの濃厚な味わいと芳醇な香りをご堪能ください。

  • 枝豆とうふ

    つぶつぶの枝豆とふくよかな甘さが絶妙

    お食事にはもちろん、おつまみとしてもオススメしたいのがこちら。粗めに刻まれたつぶつぶの枝豆の香りと、ほんのり甘い風味が口いっぱいに広がります。瑞々しく鮮やかな緑色も食卓に彩りを添えます。お塩をかけていただくとさらにおいしく召しあがれます。

  • 玉子とうふ

    そのままで美味しい、玉子の風味とだしの味わい

    こだわり抜いた玉子は、全卵に卵黄を加え、玉子本来のコクのある美味しさと風味を生かしました。さば節とかつお節のだしをしみ込ませているので、タレをつけずにそのままでどうぞ。のどごしなめらか、玉子とだしの融合されたおいしさをお楽しみください。

料理人のおもてなし

ごまとうふでおもてなし

“和・洋の有名料理人”が“紀文のごまとうふ”でコラボレーション

先人から受け継がれてきた食文化を大切にしながらも慣習にとらわれない自由な発想で和食の世界に新風を吹き込んできた「分とく山」総料理長の野崎さんと、おいしく・体にやさしい料理が各方面から話題を呼びテレビなどで活躍中のアンチエイジングレストラン「Le Rire」のオーナーシェフの堀さんのお二人に、紀文のごまとうふの魅力や、おもてなしをテーマにレシピを創作いただきました。