HOME > 商品情報 > 餃子・ワンタン > にらにんにく餃子

にらにんにく餃子

内容量 230g(ぎょうざ216g(12個入り))

国産の豚肉・鶏肉を使用したジューシーな餡に、にら・にんにくを効かせて旨みたっぷりに仕あげました。

JANコード 4901530225504
ブランドサイトへ

原材料名・栄養成分・補足情報

原材料名

野菜(キャベツ、玉ねぎ、にら)、皮(小麦粉(国内製造)、もち粉、食塩、乳化油脂、大豆粉)、食肉(豚肉・鶏肉)、粒状大豆たん白、しょうゆ、おろしにんにく、ごま油、パン粉、砂糖、中華風調味料、オイスターソース、つなぎ(でん粉、粉末卵白)、南乳(豆腐発酵調味料)、食塩、香辛料、ローストガーリックペースト/調味料(アミノ酸等)、乳酸Na、キシロース、香料、着色料(カラメル)、たれ(しょうゆ、醸造酢、ぶどう糖果糖液糖、食塩、たん白加水分解物/調味料(アミノ酸等)、酸味料)、添付油(ラー油)、(一部に卵・小麦・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)

内容量 1包装(ぎょうざ、タレ、ラー油含む)あたり/(ぎょうざのみ)あたり

エネルギー 368kcal/355kcal
たんぱく質 16.8g/16.4g
脂質 13.5g/12.5g
炭水化物 44.7g/44.3g
食塩相当量 3.5g/2.7g

この商品に関する補足情報

●この商品は、乳・えびを使用した設備で製造しています。
●まれにトレーに原料の豚肉から出る豚脂が白く残ることがありますが、品質には問題ありません。
●パッケージを開けた際、フィルムに餃子やタレが付着している場合がありますのでお気をつけください。
※開封後はお早めにお召しあがりください。

召しあがり方

調理方法(12個の場合)
1.フライパンに油(小さじ2)をひき中火で約30秒温めます。いったん火を止めてから餃子を並べます。
2.水(小さじ2)を餃子全体にかけてフタをし、中火で約2分蒸し焼きにします。
3.フタをとり、中火のまま約1分焼いて水分を飛ばし、お好みの焼きめがついたらできあがり。
◆羽根付き餃子にする場合
1.フライパンに油(小さじ2)をひき中火で約30秒温めます。いったん火を止めてから餃子を並べます。
2.片栗粉(小さじ1)を水(大さじ3)で溶き、餃子全体にかけてフタをして、中火で約2分蒸し焼きにします。
3.フタをとり、中火のまま約1分焼き、その後強火で残った水分を完全に飛ばし、羽根ができたらできあがり。
※調理時の注意事項
・いずれの調理方法でも、油がはねることがありますので、ご注意ください。
・調理中は餃子や調理器具が大変熱くなりますので、やけどにはご注意ください。
・器具や火力により調理時間が異なりますので調理状況により、ご調整ください。
・本品は、トレーに密着しやすいため、取り出す際には皮が破れないようにご注意ください。
・トレーの底部分を軽く押しあげますと、形がくずれずきれいに取り出せます。

この商品のアレルギー情報

は、原材料として使用しているものを表します。

  • 小麦
  • そば
  • 落花生
  • えび
  • かに
  • あわび
  • いか
  • いくら
  • オレンジ
  • キウイフルーツ
  • 牛肉
  • くるみ
  • さけ
  • さば
  • 大豆
  • 鶏肉
  • バナナ
  • 豚肉
  • まつたけ
  • もも
  • やまいも
  • りんご
  • ゼラチン
  • ごま
  • カシューナッツ
  • 魚醤(魚介類)

※食物アレルギー物質の項目は、食品衛生法にて表示が義務化されている特定原材料の7品目と、特定原材料に準ずるものとして定められた20品目の合計27品目に関して表示しています。
※商品の改訂などにより、「食物アレルギー物質一覧」と商品パッケージ記載の食物アレルギー物質(特定原材料および特定原材料に準ずるもの)が異なる場合がございます。ご購入、お召しあがりの際は、お持ちの商品の表示をご確認ください。
※魚介類は、上記27品目の原材料ではありませんが、どの種類の魚介類が含まれるか特定できない場合に、以下の食品に限り認められている表記です。
 ●たん白加水分解物 ●魚醤(及び魚醤パウダー)●魚肉すり身 ●魚油 ●魚介エキス

その他の情報

包装資材 プラスチック袋、トレー
参考 ●皮の率55%
●にら8.3%入り(具中)
●にんにく1.7%入り(具中)
●国産豚肉・鶏肉使用
●国内工場で製造した商品です。
  • ※2020年2月現在の情報です。
  • ※商品の改訂等により、商品パッケージの記載内容が異なる場合があります。
  • ※原料の産地については、うなぎ等、お客様からのお問合せの多い原料を中心に、お知らせしております。
  • ※商品によって、複数工場で製造していることから食物アレルギー物質のコンタミネーションが異なる場合があります。
  • ※ご購入、お召しあがりの際は、必ずお持ちの商品の食物アレルギー物質に関する表示をご確認ください。
  • ※コンタミネーションとは、食品を製造する際に機械や器具からアレルギー物質が意図せずに混入することです。
  • ※この商品カタログページには、季節商品も含まれています。