HOME > 企業情報 > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 奥津 真実

採用情報 おいしさを育む。

先輩社員紹介

マーケティング 奥津 真実 2012年入社 生活科学部CC(クッキングコミュニケーター)

マーケティング 奥津 真実 2012年入社 生活科学部CC(クッキングコミュニケーター)
先輩社員紹介

メニュー開発や講習会で食の情報を発信。

作業風景

入社以来、CC(クッキングコミュニケーター)として働いています。自社商品のPRもかねて、消費者の皆様に食の情報を発信する仕事です。具体的には、当社の商品を使ったレシピの開発や、広告やチラシ等に掲載する撮影用の料理の制作、料理講習会の講師などを行っています。大学では栄養と基礎調理を学び、栄養士と栄養教諭の資格を取得しました。食育に関心があり、栄養教諭を志望していたのですが、当社でもメニュー開発の職種を募集していることを知り、「行事食や食の伝統を大切にしている紀文なら、家族で楽しむ食事を広めることができるかもしれない」と思ったのが入社の動機です。希望していた仕事ができるのは、本当に幸せだなと思います。

自分の詰めたおせちがチラシになって感動!

自分でお重箱に詰めたおせちが、実際のチラシになったときの喜びは忘れられません。でも、まだまだ未熟なので技術が追いつかず、先輩が二段分のおせちを詰めている間に、自分は一段しか詰められませんでした。ですが、年ごとに早くなってきています!料理の腕や経験ではまだまだ先輩にかないませんが、若さを活かしてトレンド感のあるメニューを積極的に提案するようにしています。個人的にも料理教室にも通い、研鑽を重ねています。料理教室は、技術も教え方も学べるので、仕事にもたいへん役立っています。

作業風景

中高年男性向けの酒のつまみ提案に大苦戦。

当社の商品は、年配の男性にも支持されています。私は、お酒といえば甘いカクテルしか飲んでいなかったので、お酒のおつまみを提案する企画では全敗。一つも採用されませんでした。その後、日本酒や焼酎にもトライし始めました。さらに、社内の飲み会では大先輩の方々と飲みながら、中高年男性の嗜好を探っています。また、新商品を企画する時には商品企画や営業など他部署の方から「料理を作る側」の意見を求められることもあります。社歴の長い方も私の意見にきちんと耳を傾けてくれるので、自分としても嬉しいし、風通しのよい会社だなと実感します。食を通してのコミュニケーションを、社内でも身をもって実践しています。

引き出しを増やすために毎日が勉強です。

以前は、料理はおいしければ良い、と思っていましたが、味以外にもテーマ・ターゲット・シーンも重要だと思うようになりました。そういう意味では、飲み会も街歩きも、生活のすべてが成長の糧になります。もっともっと経験を積んで知識やテクニックを身につけて、CCとして成長して「新しい食」を発信していきたいです。自分自身が成長することがブランドイメージの向上に貢献できることも、大きなやりがいです。

先輩社員一覧