HOME > 企業情報 > 採用情報 > 先輩社員紹介 > 岩丸 達也

採用情報 おいしさを育む。

先輩社員紹介

製造 岩丸 達也 2010年入社 工学部東京工場 製造二課

製造 岩丸 達也 2010年入社 工学部東京工場 製造二課
先輩社員紹介

揚げ物の製造ラインの安全と快適な環境を支えています。

揚げ物(さつま揚・魚河岸あげ®)の製造およびラインリーダー代行としてラインリーダーのサポートとライン管理をしています。ライン管理とは、できあがった商品の品質チェック(商品の揚げ色・重さ・形・味)のほか、ライン勤務者のその日の健康状態のチェックやより効率的な製造が行えるよう作業手順をアドバイスしています。そのほかにも、製造設備の異音や異常動作の有無の点検などをし、ラインで勤務する人が、安全で快適に作業できるようにしています。配属されたのは横浜工場ですが、2012年に東京工場に異動になりました。どちらの工場も、明るくて雰囲気の良い環境で仕事ができています。

できたての商品のおいしさに感動します。

入社後に配属されたのが、横浜工場の魚河岸あげ®の製造ラインでした。そこで初めて自分ですり身を撹拌し、成型した商品(魚河岸あげ®)のできたてを試食した時のおいしさには感動しました。当社の商品のほぼ全ては工場の製造ラインの「機械」で作っていますので、製造現場にいると、機械的なことも多く学べますし、実際に触れる機会も多いです。自分でメンテナンス・改善した機械がスムーズに動作しているのを見たときはとても嬉しく感じます。

作業風景

他部署の社員との交流で、自分にも刺激が。

仕事だけでなく、会社の外でもフットサル等のスポーツを通じて営業や開発・管理部門などの他部署の人とコミュニケーションが取れ、情報交換もできるので、普段の仕事においても良い影響が出ます。それは、会社の中での自身のポジション、仕事の目的が明確になるからです。私の目標は、当社を「全世代の誰もが知っている会社にしたい」です。そのためにも、誰もが「紀文の商品はおいしい」と思ってもらえるよう、おいしくて安全・安心な商品を製造するため、日々の品質管理・衛生管理にこだわっています。

「食の安全」を最前線で守っています。

今はまだ簡単な加工しかできませんが、もっと幅広い知識・技術を身につけて、新たな製造設備をゼロからまるまる一つ作り上げてみたいですし、お客様に長く愛される、これからの「紀文」を代表するような新しい商品の製造にも携わってみたいと思います。そして、仕事を通じて人間的にも成長し、後輩だけでなく他部署の方々からも頼られるような人間になりたいと思います。

※通常時はマスクを着用しておりますが、撮影のため外しています。

先輩社員一覧