HOME > 知る > 紀文のお正月 > おせち料理大事典 > お重詰めの豆知識

おせち料理大事典

お重詰めの豆知識

お重詰めの豆知識

年神様にお供えし、ともにいただくおせち料理。おせち料理は新しい年の五穀豊穣、一家安泰、子孫繁栄を願って一品一品を縁起に見立てたものです。栄養バランスや保存性のよさなど、まさに先人の知恵の結晶と言えます。正式なお重詰めは四段ですが、現代では多くても三段重でしょう。詰める料理の数は陽数といわれる奇数にして祝う心を表すなど、伝統が培った様式は継承していきたいものです。

壱の重

壱の重

おとそを祝うための祝い肴(数の子・黒豆・田作り)や紅白蒲鉾、伊達巻、錦玉子等の口取りを詰めます。

弐の重

弐の重

口代りの酢のものに、焼きもの、煮ものなどを取り合わせて詰めます。

参の重

参の重

我が家の自慢料理、煮しめをたっぷりと詰めます。

こちらもあわせてご覧ください