HOME > 知る > 紀文のお正月 > おせち料理大事典 > お重詰め・伝統の八方詰め

おせち料理大事典

お重詰め・伝統の八方詰め

決められた順に詰める。それだけで、初めての人も美しく決まります。それが伝統のお重詰めです。ここでは代表的な八方詰めの手順をご紹介いたします。

八方詰めの手順(壱の重の場合)

幸福が四方八方に拡がるようにとの願いをこめた詰め方です。

(一) 黒豆は軽く汁を切り、小さな器(竹筒やゆず釜など)に入れ、中央に置きます。
(二) 紅白の蒲鉾は、 紅白互い違いに詰めます。(紅が、右上にくるようにします)
(三) 錦玉子は少しずつずらして詰めます、崩れやすいので丁寧に扱いましょう。
(四) 伊達巻も少しずつずらして詰めます。
・形のあるものを先に詰める。(蒲鉾・伊達巻など)
・奥から手前に詰めていく。
(五) 料理と料理の間に、仕切りとして、葉らん、笹の葉、アルミ箔などを置きます。
(六) 昆布巻は結び目を上にして、きんとんは栗とあんをバランスよく詰めます。
・厚みのないものは重ねて盛り、全体の高さを揃える。
・味や香りが移らないように、仕切や器を使う。
(七) 田作りは、頭を左に揃えます。
・お頭のあるものは頭を左に。(魚・海老など)
・手作りの料理を入れる場合は、充分に冷まし、汁気を良く切ってから詰めましょう。

こちらもあわせてご覧ください