HOME > 知る > 紀文のお正月 > 第10回 子どもたちに伝えたい お正月絵本作品募集

 

第9回 子どもたちに伝えたい お正月絵本作品募集

たくさんのご応募ありがとうございました!

「第10回子どもたちに伝えたいお正月絵本作品募集」にたくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。厳正なる審査の結果、下記のとおり入賞作品を決定いたしました。

最優秀賞

「あい らぶ としがみさま」 作者:Shima さん

優秀賞

「としがみさまといっしょ」 作者:瀬戸内 すま さん
「お正月」 作者:法元 健 さん
「お正月日記」 作者:笛木 満美子 さん
作者:笛木 優羽子 さん
作者:笛木 和夏子 さん

紀文食品賞

「年神様と色小人」 作者:妻沼 大也 さん
最優秀賞1点(一般およびママ・パパ対象者から1点):賞状・賞金10万円 副賞「白木6寸二段重」。優秀賞3点(一般およびママ・パパ対象者から3点):賞状・賞金3万円 副賞「白木6寸二段重」。紀文食品賞1点(一般およびママ・パパ対象者から1点):賞状・賞金3万円 副賞「白木6寸二段重」
以上、受賞者の皆さまにお贈りいたします。

※<ママ・パパ対象者について>小学生以下のお子さまをお持ちのママとパパを応募対象といたしました。

最優秀賞

「あい らぶ としがみさま」

作品名

「あい らぶ としがみさま」

作者

Shima さん
(宮崎県)
受賞者コメント

素晴らしい賞をいただき大変光栄です。 登場人物は私の家族がモデルで、最終ページは娘が隠れて厚化粧した時の顔をイメージしました。きっと天国の父も喜んでいると思います。多くの子供たちに楽しんでもらえたらうれしいです。

※画像をクリックすると、作品がご覧いただけます。
デジタルパンフレット「paramo」にリンクします。

優秀賞

「としがみさまといっしょ」

作品名

「としがみさまといっしょ」

作者

瀬戸内 すま さん
(兵庫県)
受賞者コメント

絵本「としがみさまといっしょ」で、としがみさまと私、いっしょに優秀賞をいただいたようでうれしいです。ありがとうございます。としがみさまも、喜んでくださっていると思います。


「お正月」

作品名

「お正月」

作者

法元 健 さん
(宮崎県)
受賞者コメント

この絵本は、自分の作品の中で1番良く出来たものだと思います。ストーリーを考えるときはすごくわくわくしながら作ったので楽しい印象が残っています。しかも、賞までいただくことができて、すごくうれしいです。


「お正月日記」

作品名

「お正月日記」

作者

作者:笛木 満美子 さん
作者:笛木 優羽子 さん
作者:笛木 和夏子 さん
(東京都)
受賞者コメント

紀文さん主催の絵本原画展に伺ったことが応募のきっかけでしたが、このような素敵な賞をいただき感謝しています!長女が日記の文字、次女が日記の絵を担当し、お正月を迎える意味を一緒に考えながら作成できました。

※それぞれの画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。

紀文食品賞

「年神様と色小人」

作品名

「年神様と色小人」

作者

妻沼 大也 さん
(北海道)
受賞者コメント

お正月の意味を伝えるために、年神様と家族の関係を小人たちの目線で描いてみました。一風変わったお話ですが、そこを評価していただき大変うれしいです!制作を通してお正月のいわれに詳しくなりました。

応募作品を一部ご紹介します。
みんなが思い描いた楽しいお正月がいっぱい!

お正月絵本作品1 お正月絵本作品2
お正月絵本作品3
※それぞれの画像をクリックすると、拡大してご覧いただけます。

審査講評

「絵本募集の手引き」ページを監修、毎年審査にもご協力ただいている、絵本作家の宮本えつよし先生と、昨年行われました「絵本原画展イベント」でご協力いただきましたウーマンクリエイターズカレッジ主宰の松本えつを先生に審査の講評をいただきました。(※「絵本募集の手引き」ページは作品募集時に掲載)

最終審査の模様、絵本審査にご協力いただいた 松本えつを先生(左)と宮本えつよし先生

松本えつを先生コメント

“この作品だったら、きっと子どもが読んで!とせがんできそうだな”という視点で作品を選ばせていただきました。みなさんの作品を拝見しながら、描き手として忘れていた思いが呼び起こされましたし、絵本作りの純粋な気持ちに改めて触れさせていただけたと思います。

松本えつを先生プロフィール

日本の女性絵本作家、キャラクター作家、フォト・イラストエッセイスト。『Girls-Be・・・-YA心の友だちシリーズ』(PHP研究所)など数多くの作品を手掛ける。女性の自立を支援する絵本の学校「ウーマンクリエイターズカレッジ」を主宰。
■ 「ウーマンクリエイターズカレッジ」ホームページ:
  http://www.woman-college.com/

宮本えつよし先生コメント

そもそも子どもは、規格の無い自由な発想で考える事が好きであり上手ですので、その子ども達が喜びそうなポイントを、より一層意識して選ばせていただきました。また、長く審査に携わらせていただいていますが、中学生の方々から応募があった事も見ていてうれしくなりましたね。

宮本えつよし先生プロフィール

1954年、大阪府生まれ。グラフィックデザイナーを経て絵本作家となる。広告、児童書、絵本などを手がけるほか、絵本講座の講師および造形教室ではワークショップなどの工作イベントを行っている。講談社創作キャラクター賞、サンケイ新聞広告賞、パルコパロディ賞を受賞。
■ 宮本えつよし先生 ホームページ:
  http://www.miyamoto-e.com/

「子どもたちに伝えたいお正月絵本作品募集」とは

◎募集テーマ

「お正月は年神様を我が家にお迎えして、家族の幸せを預けてもらう行事」であるという意義・いわれを、子どもたちに正しく楽しく伝えた絵本作品

◎応募期間

2017年10月2日(月)~2018年1月9日(火)

●募集部門

<一般部門>どなたでも応募可能
<ママ・パパ部門>小学生以下のお子様をお持ちのママとパパを対象(お子さまとの共作可)

ぜひこちらもご覧ください!「お正月のいわれ」を楽しみながら学べる紀文のコンテンツ
こちらも必見!YouTube「ありがたや年がみさま」

動く絵本YouTube劇場

第8回 最優秀作品「としがみさまどこ?」

第7回 最優秀作品「きつねのコンタはとしがみさま」

第6回 最優秀作品「ありがたや年がみさま」

「きつねのコンタはとしがみさま」「としがみさま、どこ?」