HOME > 紀文のおせち料理-2019年 > それぞれのお正月 > わが家に両親を招いてお正月

お正月物語 4

それぞれのお正月

わが家に両親を招いてお正月

夫と私の実家から両親たちをわが家にお迎えします。
両親たちが持ち寄ってくれたおせちも加えて、
お正月の食卓を彩ります。
わが家から家族の集いが始まる楽しいひとときです。

わが家での「おまねき」正月

実家の父母を家に招いて「お正月」
 わが家から家族の集いが始まります

大晦日は私たち家族だけで年越しそばを食べて、
元日は私と夫の両親をわが家に招いて、はじめて「お正月」をお祝いしました。

両親たちはそれぞれ、お煮しめや栗きんとんなどを持ち寄ってくれて、私が用意したつたないおせち料理がにぎやかになりました。

子供たちのリクエストですき焼きをすることになり、楽しいホームパーティ―になりました。
1月生まれのおばあちゃんと息子の誕生日のお祝いも兼ねて、
バースデーケーキの準備もして盛り上がりました。

わが家のおまねき「お正月」も、両親をゆったりさせてあげられるいい機会だと思います。

「お正月」の工夫のために ~紀文のご提案~

「おまねき」正月には「初めてのおせち」セットが便利です。また、お重詰か、蒲鉾、伊達巻、黒豆、田作りなど基本7~8アイテムを中心にしたシンプルおせちの準備もしておきましょう。また、ワンプレートの盛りつけや、「お正月」らしいセッティングも喜ばれます。
ケーキ、デザートや締めに必要なコーヒーやお茶などの準備もお忘れなく。

それぞれのお正月トップへ戻る

ページの先頭へ