HOME > 紀文×プロのレシピ > パン・ウェイさん流 五季五色のおいしいレシピ

パン・ウェイさん流 五季五色のおいしいレシピ

「季節の色の食材を多く食べましょう」それぞれの季節に食べておいしい食材の色分けは、春は緑、夏は赤、土用は黄、秋は白、冬は黒。もともとは中国に古くから伝わる季節と色の考え方に由来しています。

たらの芽とつみれの和え物

たらの芽とつみれの和え物2月の立春から季節は春。日差しに力強さを感じる日が次第に増えていきます。春はビタミンやミネラルが豊富な「緑」の野菜をたくさん食べて体の中からリフレッシュ。レシピは気分がシャキッとする、爽やかな香りあふれる野菜と、青魚のパワーが詰まったつみれのコラボレーションです。つみれと多種類の青菜を合わせた栄養バランスの良い和え物は量をたっぷり食べるのがパン流です。

緑の食材

ほうれん草、小松菜などの葉物野菜、きゅうり、ブロッコリー、ピーマン、枝豆など。
春菊、セロリ、ニラ、香菜など香りの強い野菜もたっぷり取りましょう。

お茶でも入れてひと休み季節でお茶も替えましょう

食べることが大好きな中国の人はお茶も大好き。季節に合わせたお茶を楽しみましょう。

緑茶

緑茶は、中国では春から夏に飲むお茶です。緑が芽吹く春には緑のお茶で、心も体もリフレッシュするのがおすすめです。

五季五色とは?

五季とは、春夏秋冬に「土用」を足したもの。春は2月の立春から、夏は5月の立夏から、土用は7月の暑い時期から立秋まで、秋は8月の立秋から、冬は11月の立冬からを指します。春は緑、夏は赤、土用は黄、秋は白、冬は黒。それぞれの季節に食べたい食材の色分けは、もともと中国古来の考え方の五つの色に由来しています。

五季五色
パン・ウェイさんパン・ウェイさんプロフィール

「季節と身体」をテーマに五季に沿った食生活を提唱し、現在は東京・代々木上原にて中国家庭料理・薬膳料理・中国茶の教室を主宰。「きょうの料理」(NHK)等のテレビ出演や著作活動、講演会、イベント等でも活躍している。著書に『元気とキレイの薬膳暮らし』(PHP研究所)、『食養生読本』(講談社)などがある。