HOME > 知る > 紀文のお正月 > おせち料理大事典

おせち料理大事典 年神様をもてなすおせち料理
年神様をもてなすおせち料理

もともと季節の変わり目の節句(節供)に、神様にお供えした食べ物を「お節料理」と呼んでいましたが、やがて、節句の中でも、もっとも重要な正月の料理のことを「おせち料理」と呼ぶようになりました。 おせち料理はお正月の神様、年神様に供える料理であり、家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。ですから、五穀豊穣、家族の安全と健康、子孫繁栄の祈りを込めた、海の幸、山の幸を豊富に盛り込んだものなのです。

「お正月のいわれ」についてはこちら >>

縁起のよいおせち料理のいわれ

おせち料理の食材には、ひとつひとつおめでたい意味やいわれがあります。食品や料理に込められた願いを知って、縁起の良い食材をそろえれば、おせち料理の支度もいっそう楽しくなりますね。

紅白蒲鉾
伊達巻
錦玉子
栗きんとん
黒豆
昆布巻
田作り
数の子
菊花かぶ
小肌粟漬
えび
お多福豆
紅白なます
ごぼう
するめ
もち
手作りおせち料理特集
器で楽しむおせち料理
関東風お雑煮の作り方
お重詰め・詰め方の種類とコツ