HOME > 知る > 【おでん】教室 文化:進化を続ける平成のおでん

紀文アカデミー

【おでん】教室 文化

進化を続ける平成のおでん

和風の味つけ、固定化した種ものなど、変化が少ないと思われがちな“おでん世界”ですが、この四半世紀、急激に変化を遂げています。とくに最近は懐石風におしゃれになったり、さまざまな味つけや種ものが増えたり、四季を通じて食べられたりもしています。

進化を続ける平成のおでん

和風のおでんをおしゃれに

野﨑総料理長の筍おでん
野﨑総料理長の筍おでん
1990年(平成2年)、西麻布に京風おでん店「六根」が開店。おでんを懐石風にいただく傾向が生まれ、一品一品をきれいに盛りつけて楽しむように。これまでの素朴なおでんを、おしゃれにいただくようになり、家庭でも大根にとろろ昆布をかけてネギをあしらうなど、ひと手間かけておしゃれに変身。

サラリーマンの聖域“外食おでん”に女性が進出

1992年(平成4年)のバブル崩壊後、和風回帰現象でちょっと居心地のよい和食飲食店ブームが。「地鶏・蕎麦・おでん」といった看板をよく見かけるようになります。おでん店の客層に女性が増え、和風居酒屋でもおでんを出すように。外食おでんはサラリーマンの聖域ではなくなり、おでん店のイメージが大きく変化。

喫食シーンの増大

コンビニエンスストアおでん
コンビニエンスストアのおでん
1995年(平成7年)頃からコンビニエンスストアでおでんの年中販売が増えます。おでんは秋冬の家庭での夕食定番だけではなく、子どもが塾帰りにコンビニエンスストアで食べたり、おやつや夜食に利用したりする方が増えます。おでんがより身近になりました。

種ものの自由化はじまる

トマト鍋
トマト鍋
1998年(平成10年)、「銀座よしひろ」がおでんにトマトを入れるように。それがメディアでも話題となり、野菜おでんが人気に。家庭でも今までは野菜といえば大根とじゃがいもだけだったのが、ブロッコリーなどほかの野菜も試してみるように変わります。

ご当地おでんの台頭

静岡風おでん
静岡風おでん
普段なにげなく食べているおでんが、地方によって種ものやだし汁、つけだれなど食べ方がまったく違うことを発見。ご当地ブームは、ついにおでんにまで広まります。
●2003年(平成15年)頃、松浦あやさん(通称:あやや)姫路風おでんを語る
●2006年(平成18年)、キリンビール一番搾り「静岡風おでん:黒はんぺん」のCM放送

おでんの海外進出の顕著化

2004年(平成16年)頃から、タイや中国、香港など、海外のコンビニエンスストアでもおでんが販売されるように。おでんは世界のファストフード。海外旅行で日本食が恋しくなったときに便利と評判に。

食す温度帯の変化(冷やしもの)

冷やしおでん
冷やしおでん
2005年(平成17年)頃、冷やしものブームが起き、温かい食べものを冷やして食すように(ウーロン茶漬け、アイスカレーなど)。銀座に「冷やしおでん」を提供する店が現れ、冷やしたおでんがブームに。「温かいだけがおでんではない、食欲のない夏でもいただける」と話題になりました。

アキバ発「おでん缶」

2005年(平成17年)頃から、隠れた秋葉原の名物として「おでん缶」の自動販売が雑誌やテレビで取り上げられ、マニア層から全国区へと広まります。ジュースなどと同じように自販機で購入するという意外性と、缶を開けてそのまま歩きながら食べられるという手軽さが、アキバに来る人たちに受け入れられた理由です。

バリエーションおでんの到来

おでんに使用する種ものが広がり、ご当地おでんなどの影響も受け、鍋料理のバリエーションをおでんの味つけに応用するようになります。豆乳おでんや、カレー風味おでんなども現れました。

豆乳カレー鍋
豆乳カレーおでん

鍋料理のブーム

●2000年(平成12年)頃「キムチ鍋」
●2004年(平成16年)頃「豆乳鍋」
●2005年(平成17年)頃「野菜鍋」
●2007年(平成19年)頃「もつ鍋」(第二次ブーム)
●2008年(平成20年)頃「カレー鍋」

スイーツおでんの登場

2013年(平成25年)、東京・自由が丘のスイーツテーマパーク「スイーツフォレスト」で「スイーツのおでん」が提供開始。だしの代わりにウーロン茶をベースにしたスープを使用し、フルーツや白玉を入れ、土鍋で提供されました。