HOME > お問い合わせ > よくあるお問い合わせ > ちくわ類

よくあるお問い合わせ

商品から探す: ちくわ類

それぞれの質問をクリックしていただくと、回答部分が開閉します。

練り製品のカロリーについて。

練り製品は、良質な魚肉たんぱく質をしっかりと含み、しかも低カロリー、低脂肪の食品です。
カロリーを他の食品と比較してみますと、例えば、蒸し蒲鉾95kcal(可食部100g当たり)、焼ちくわ121kcal(同)であるのに対して、豚肉(肩ロース)生253kcal(同)です。
※各食品の栄養素の数値は、『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』より。

練り製品の塩分はどのくらいですか。

紀文の「鯛入り蒲鉾粋(紅または白)」の場合、1本(130g)当たり食塩相当量が2.6gで塩分は2.0%になります。また、「はんぺん大判」ですと、1 枚(120g)当たり食塩相当量が2.5gで塩分は2.1%、「竹笛®」は5本入り1袋(175g)当たり食塩相当量が4.3gで塩分は2.5%になります。

ちくわを昆布と煮たら、竹輪が青く変色しましたが、なぜですか。

昆布に含まれるヨウ素がちくわに含まれるでん粉と反応して、青く変色したもので、「ヨウ素でん粉反応」によるものです。召しあがっても問題はありません。