HOME > 紀文のおせち料理-2019年 > それぞれのお正月 > 近くに住む実家のおせちでお正月

お正月物語 3

それぞれのお正月

近くに住む実家のおせちでお正月

一人暮らしを始めてからも、結婚してからも「お正月」は
実家のおせちを楽しみます。
普段から週末はいっしょに食事をしますが
「お正月」のおもてなしは、気持ちもあらたまり特別なお料理です。

近くに住む実家のおせちでお正月

普段からよく行くけれど
 やっぱり「お正月」は実家で過ごします
  実家のおせちこそが何よりお正月の味

実家は近いので、普段からよく顔を出し、週末はよく一緒に食事もします。
でもやっぱり「お正月」はいつもと違います。
慣れ親しんだうちのおせちとお雑煮こそがお正月の味。

結婚してからは夫の実家の味も
またちょっと味わいが違い、これも楽しみのひとつになりました。
「おせちだけでは飽きるわね(笑)」とお寿司を食べるのも実家の「お正月」です。

実家では姪っ子や甥っ子たちに会うのも楽しみで、どんなに近くに住んでいても
家族が一同に会せるのは「お正月」ならでは。
ケーキやアイスクリームなどで家族一同の集いも盛り上がります。

「お正月」の工夫のために ~紀文のご提案~

それぞれの実家や祖父母のところなどもはしごしてくる子どもたちのために、高品質な基本のおせち(蒲鉾、伊達巻プラス5種類)をワンプレートで加えたり、お寿司や鍋料理などのごちそう料理との組合せもおすすめ。刺身、カニ、肉類なども、お正月のごちそうに華を添えてくれます。

それぞれのお正月トップへ戻る

ページの先頭へ