HOME > 紀文のおせち料理-2019年 > おせち料理レシピ > 皿盛りのコツ

皿盛りのコツ

酒の肴や前菜のような感覚で皿盛りにするのもおすすめです。
2人だけのお正月や4~5人の集いの食卓に合わせて
分量を加減できるのも皿盛りならではです。

ワインに合わせてパーティー風に

洋風のお皿を使っても、おせち料理をのせると自然と和の雰囲気も感じます。

まとまりにくいお料理は透明な小さな器にいれて、軽やかな盛り付けにします。

ふたりのおせち料理には

ふたりのお正月には皿盛りで食べきれる分を盛り付けます。

ゆず釜や葉の器を上手く利用して、汁気のあるものやまとまりにくいお料理を盛り付けます。

背の高いグラスを器にするとお料理全体に立体感が生まれ引き締まります。

紀文からのご提案

我が家ならではのお正月あしらいが楽しめる、個別パック

集いの人数に合わせて、食べたいものから少しずつ、美味しさを味わえる詰め合わせです。アレンジ自在で流行のワンプレートおせちにピッタリです。個包装ですので、鮮度も長持ち。お正月の集いのカタチに合わせて楽しめます。
※オンラインショップでの予約受付は終了しました。

ページの先頭へ