HOME > 知る > 紀文ペディア(年表・用語集) 紀文「食」年表

紀文アカデミー

紀文ペディア 年表

紀文「食」年表

「鍋料理」の歴史は古く、弥生時代まで遡ります。かまぼこなど「練りもの」は平安時代に生まれ、江戸時代の華々しい文化の影響を受けて現在のスタイルに。一方、「おでん」は変化に次ぐ変化をくり返し、現在も進化しつづけています。これらの主な歴史を振り返ります。

【食】の年表

『豆腐百珍続編』国立国会図書館蔵

  • 和暦・西暦
  • トピックス

安土桃山時代以前

弥生時代
稲作が広まり、高床倉庫に米を保存。米を豆や貝などとともに弥生土器で煮て食べるようになる
古墳時代
250−600年頃
土で囲ったかまどができる
飛鳥・奈良時代
飛鳥(592−710)奈良(710−794)
『日本書紀』に神功皇后が三韓征伐の途中、魚肉をすり、鉾の先につけて食べたと記載
平安時代
927年頃
鉄鍋、朝廷へ献上される(『延喜式』より)
933年頃
和名類聚抄』で、土製の「堝」、鉄製の「鍋」に書き分けられて記載
1115年
関白右大臣藤原忠実が三条に移転したときの祝賀料理献立に「かまぼこ」が用いられる(『類聚雑要抄』に記載)
1146年頃
故実書『類聚雑要抄』発刊、1115年の祝賀料理リストの中に「蒲鉾(かまぼこ)」の名と絵図が記載
1183年
奈良、春日神社の社務所日記に「唐符(とうふ)」の名が記載
鎌倉時代
1185-1333年
現在の精進料理スタイルが完成。高野山で凍豆腐が生まれる
室町時代
1437年
蔭涼軒主の記した公用日記『蔭涼軒日録』の中に「田楽」の表記
1504年
食事の作法書『食物服用之巻』が発刊、板付きかまぼこの発祥が室町時代中期を思わせる記載
1528年
宗五大草紙』発刊、「かまぼこはなまず本也。蒲のほをにせたる物なり」の記載
1548年
料理書『運歩色葉集』発刊、はんぺんの名が記載
安土桃山時代
1580年
料理書『古今調味集』発刊、はんぺんやしんじょの漢字がさまざま記載。つみれ(摘入)や魚そうめんの作り方も
1603年
辞書『日葡辞書』発刊、「Yudofu(湯豆腐)」が記載される

江戸時代

寛永12年
1635年
京都に初の湯豆腐店が開店
寛永20年
1643年
一般対象の料理書『料理物語』発刊、かまぼこの料理法を記載。かつお節でのだしの取り方も
延宝2年
1674年
料理書『江戸料理集』発刊、ちくわの作り方やかまぼこの切り方などいろいろ記載
宝永7年
1710年
『宝永料理物語』発刊、現在の煮込みおでんが登場
享保8年
1723年
風俗絵本『百人女郎品定』発刊、豆腐茶屋の様子が記載
延享3年
1746年
料理書『黒白精味集』発刊、「てんぷら(さつま揚)」の作り方が記載
宝暦2年
1752年
戦記本『摂戦実録大全 巻1』発刊、豊臣秀頼に板付きかまぼこを作って振る舞ったと記載(安土桃山時代末期に板付きかまぼこがあったと考えられる)
天明2年
1782年
豆腐料理書『豆腐百珍』発刊、木の芽田楽など11種の田楽を紹介
天明3年
1783年
豆腐料理書の続編『豆腐百珍続編』発刊、みたらし田楽など14種の田楽を紹介
寛政2年頃
1790年頃
田楽に菜飯を添えた「菜飯田楽」登場
寛政7年
1795年
ハモ料理書『海鱧百珍』発刊、さつま揚の作り方を記載
享和元年
1801年
東京・浅草にどじょう鍋の店が開店
文化元年
1804年
料理書『料理早指南大全』発刊、卵にすり身を加え、カステラに似せて焼いた「魚かすてら」の作り方を記載
天保8年
1837年
風俗書『守貞謾稿』発刊、「味噌をつけて焼いたものならなんでも田楽」と記載。おでんの振り売りの様子の絵画あり。地域による「てんぷら(さつま揚)」の表記を説明する記載も
弘化3年
1846年
こんにゃくの料理書『蒟蒻百珍』発刊、こんにゃく料理82品目を紹介
嘉永元年
1848年
風物書『近世事物考』発刊、かまぼこの表記について「後に板に付けたるができてより、まぎらわしきにより元のかまぼこは竹輪と名付けたり」と記載
安政3年
1856年
大坂町奉行の随筆『浪花の風』に、こんにゃくのおでんが関西ではじまったことをうかがわせる記載

明治・大正

明治2年頃
1869年頃
牛鍋屋が相次ぎ開店
明治3年頃
1870年頃
猪、鹿など肉の煮込みを出す料理店が増える
明治4年
1871年
滑稽本『安愚楽鍋』発刊、当時の牛鍋活況の様子を描かれる
明治20年頃
1887年頃
東京におでん屋台が現わる
明治38年
1905年
小説『吾輩は猫である』(夏目漱石)を発表、文中で猫がかまぼこを食べる
明治41年
1908年
料理書『料理百珍』発刊、はんぺんの名称について「長崎言葉がなまった」との説を記載
大正12年
1923年
関東大震災をきっかけに、関西の料理人が関東にこぞって進出

昭和

昭和11年
1936年
料理書『新時代割烹教本』に正月の口取の食材として紅白かまぼこが記載
昭和13年
1938年
紀文創業
昭和15年
1940年
小説『夫婦善哉』(織田作之助)が発表。主人公は関東煮屋
昭和21年
1946年
関西ですき焼きブーム
昭和24年
1949年
「揚ボール」「紀文つみれ」発売
昭和25年
1950年
味噌・しょうゆの統制撤廃。完全給食開始
百貨店へ初進出。「はんぺん」発売。正月商品を本格発売
昭和26年
1951年
「おでん種」に焼印を入れる
昭和30年
1955年
食の安全を先取り、「さつま揚」のパッケージ化開始
昭和31年
1956年
塩辛の製造を開始
昭和34年
1959年
「焼ちくわ」発売
昭和35年
1960年
冷凍すり身が開発される
昭和38年
1963年
坂本九の「スキヤキ」が全米ミリオンヒット
昭和39年
1964年
初のレトルトおでん「即席おでん」を販売
昭和42年
1967年
「笹かま」発売
昭和48年
1973年
「竹笛®」発売
昭和52年
1977年
「豆乳」発売
昭和54年
1979年
コンビニエンスストアでおでんの販売を開始
「うなぎや」発売。豆乳ブーム到来
昭和57年
1982年
「おせちお重詰めセット」発売
昭和60年
1985年
「魚河岸あげ®」発売
昭和61年
1986年
激辛・エスニック料理ブーム
昭和62年
1987年
カニ風味かまぼこ「マリーン®」発売

平成

平成2年
1990年
東京に懐石風おでんの店が開店
平成4年
1992年
バブル崩壊後、和風料理への回帰現象起こる。モツ鍋が流行
平成7年
1995年
コンビニエンスストアでおでんの年中販売が増える
平成8年
1996年
「チーちく®」発売
平成10年
1998年
銀座のおでん店でトマトおでんが人気に
平成12年
2000年
キムチ鍋ブームが起こる
平成15年
2003年
「豆乳鍋の素」発売
平成16年
2004年
豆乳鍋ブームが起こる
海外のコンビニでもおでんが販売されるように
平成17年
2005年
銀座で冷やしおでんを出す店が出現。
平成18年
2006年
ビールCMでご当地おでん(静岡)を紹介
東京・秋葉原で自販機で売られる「おでん缶」が人気に
平成19年
2007年
第二次モツ鍋ブームが起こる
平成20年
2008年
カレー鍋が人気に
平成25年
2013年
7月7日が「笹かまの日」に認定される