HOME > 知る > 【練りもの】教室 文化:練りものと文学

紀文アカデミー

【練りもの】教室 文化

練りものと文学

昔からかまぼこは“ハレの日”に食すことが多く、小説に出てくるかまぼこも、ほかのものとは別格のようです。夏目漱石の小説『吾輩は猫である』では口取のかまぼこを正月に食べる場面が出てきます。一方、弥次喜多(やじきた)道中で有名な、十返舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』のなかにも「かまぼこ」と「はんぺん」が出てきます。

練りものと文学

夏目漱石とかまぼこ

明治の文豪、夏目漱石の小説『吾輩は猫である』や『坊っちゃん』のなかには、かまぼこが何度も登場します。たとえば……

挨拶が済んだら、あちらでもチュー、こちらでもチュー、という音がする。おれも真似をして汁(しる)を飲んでみたがまずいもんだ。口取(くちとり)に蒲鉾(かまぼこ)はついているが、どす黒くて竹輪の出来損(できそこ)ないである。

(『坊っちゃん』)

両人(ふたり)が出て行ったあとで、吾輩はちょっと失敬して寒月君の食い切った蒲鉾(かまぼこ)の残りを頂戴(ちょうだい)した。吾輩もこの頃では普通一般の猫ではない。まず桃川如燕(ももかわじょえん)以後の猫か、グレーの金魚を偸(ぬす)んだ猫くらいの資格は充分あると思う。

(『吾輩は猫である』)

『吾輩は猫である』では「口取の蒲鉾」を正月に食べる場面。こうしてみると、明治から大正にかけては、裕福な都市民の間で、正月をはじめとする祝いごとのときにかまぼこが食されていたことがわかります。さらに、『吾輩は猫である』で面白いのは、比喩としてもかまぼこが何度も登場すること。

そこでハンニバルはこの大きな岩へ醋(す)をかけて火を焚(た)いて、柔かにしておいて、それから鋸(のこぎり)でこの大岩を蒲鉾(かまぼこ)のように切って滞(とどこお)りなく通行をしたそうだ。
やはりインスピレーションと云う新発明の売薬のような名を付けておく方が彼等のためによかろうと思う。しかし蒲鉾(かまぼこ)の種が山芋であるごとく、観音の像が一寸八分の朽木(くちき)であるごとく、鴨南蛮(かもなんばん)の材料が烏であるごとく、下宿屋の牛鍋(ぎゅうなべ)が馬肉であるごとくインスピレーションも実は逆上である。
僕のうちなどへ来て君あの松の木へカツレツが飛んできやしませんかの、僕の国では蒲鉾(かまぼこ)が板へ乗って泳いでいますのって、しきりに警句を吐いたものさ。

こうやって見てみると、漱石は本当にかまぼこが好きだったのでしょうね。

『吾輩は猫である』

『吾輩は猫である』
新潮文庫
中学校の英語教師である「珍野苦沙弥」の家に飼われている猫である「吾輩」の視点から、珍野一家やそこに集う彼の友人、門下の書生たちの人間模様を風刺的に描いている。1905年(明治38年)1月、俳句雑誌『ホトトギス』に発表され、翌年8月まで連載。漱石の処女小説。

『坊っちゃん』

『坊っちゃん』
新潮文庫
親譲りの無鉄砲で江戸っ子気質の主人公「坊っちやん」が、四国の中学校に数学教師として赴任、いろいろな問題にも正義感に駆られて活躍。初出は「ホトトギス」1906年(明治39年)。松山中学の英語の教師だった漱石の体験が素になっていると言われる。

『東海道中膝栗毛』十返舎一九

江戸時代後期の戯作者・浮世絵師、十返舎一九の滑稽本『東海道中膝栗毛』。出版すると大ヒット、その後シリーズ化されました。主人公の弥次郎兵衛と喜多八、つなげて「弥次喜多(やじきた)」の名は、現在でも道中ドラマには欠かせない愛称となっています。

厄落としにお伊勢参りを思い立ち、東海道を江戸から伊勢神宮へ、さらに京都、大坂へとめぐる弥次喜多の二人。道中、狂歌・洒落・冗談などをかわし、いたずらを働き、失敗をくり返しながら行く先々で騒ぎを起こします。そのなかの会話に「かまぼこ」と「はんぺん」を発見しました。

彌次「もふとつくに初めていらァ。 ドレ、もうーツ初直してからささう」 北「イヤおいらはこれだ(ト、茶碗についでいきなしにぐつぐつとやらかし)、アゝいゝ酒だ。時に肴は、ハゝァ蒲鉾も白板だ。鮫じやァあんめへ。漬生姜に車海老、やぼじやァねへ」
金「サア、ーツ上りなされ」 北「始めよふ。ヲトゝ平は何だ。ハゝァ葱に半ぺい(はんぺん) は聞へたが、こっちでは半ぺいを焼くと見へて、真黒に焦げていらァ」 吉「ヲホゝゝソリヤ歌賃(注:ネギを入れた雑煮餅)ぢやわいな」

『東海道中膝栗毛』(国立国会図書館蔵)

じっぺんしゃ・いっく 1765年〜1831年 江戸時代後期の戯作者、浮世絵師。『東海道中膝栗毛』は1802年(享和2年)から1814年(文化11年)にかけて初刷りされた滑稽本。「栗毛」は栗色の馬のことで、「膝栗毛」とは自分の膝を馬の代わりに使う徒歩旅行の意。