HOME > 知る > 【練りもの】教室 文化:練りものアート

紀文アカデミー

【練りもの】教室 文化

練りものアート

親子で楽しめる、かわいらしい練りものアートを紹介します。ご考案いただいたのはキャラクター弁当の達人、ムクさん。「かまぼこや伊達巻は、切ったり、型を抜いたり、組み立てたりといった加工がしやすいので、デコレーションにピッタリ」と言います。

練りものアート

かわいいデコ弁アート

練りものアート こま親子で楽しめる、かわいらしい練りものアートを紹介します。ご考案いただいたのは、キャラクター弁当の達人、ムクさん。「かまぼこや伊達巻は切ったり、型を抜いたり、組み立てたりといった加工がしやすいので、デコレーションにぴったり。娘たちに毎日作るキャラ弁でも、はんぺん、ちくわ、さつま揚などの練りものはよく登場します」と言います。

「コマ」

材料:伊達巻、カニ風味かまぼこ(マリーン®)、キュウリ、ピック

子どもに人気の伊達巻をコマに見立てました。ピックを使って組み立てるので、とても簡単で、初めてのデコおせちにもぴったりです。

(作り方)

練りものアート コマ
3枚にスライスした伊達巻で、コマのパーツを作ります。

練りものアート こま
キュウリ、カニ風味かまぼこで模様のパーツを作り、伊達巻にのせます。

練りものアート こま
それぞれのパーツを、ピックに刺しながら固定していきます。

「鏡餅」

練りものアート 鏡餅鏡餅:はんぺん
みかん:にんじん&キュウリ
三宝:焼かまぼこ
四方紅:チーズ&カニ風味かまぼこ

「門松」

練りものアート 門松竹:キュウリ
松:パセリ
台座:ちくわ
お飾り:かまぼこ(白)&カニ風味かまぼこ

「羽子板」

練りものアート 羽子板羽子板:かまぼこ(白)&伊達巻
模様:かまぼこ(紅)、にんじん、キュウリ、のり
羽根:黒豆&紫キャベツ、キュウリ、黄パプリカ、赤パプリカ

ムク流 デコおせちの作り方 五カ条

一.いろいろな食材を少しずつ取り入れてカラフルに

子どもが苦手な野菜などをデコおせちに入れることで、克服できることも。少しの量でもよいので、いろいろな食材を使ってみましょう。

二.包丁はお母さんが、飾りつけや最後の仕あげは子どもに

子どもと一緒に作るときは、包丁を使う工程はお母さんが、飾りつけや最後の仕あげは子どもにまかせましょう。キャラクターの顔を作ったり、最後の仕あげをするだけでも楽しいものです。作った後は写真に撮ってファイリングするのもおすすめです。

三.身近なものを道具に活用

私は、太さの違う数種類のストローや、ペットボトル、ケチャップ、練りわさびのフタなどをとっておいて型抜きに使っています。細かい作業には、はさみやピンセット、つまようじなどが便利ですよ。経済的に楽しむのも大事なポイントです。

四.切れはしなどの余った材料はほかの料理に

デコおせちを作ると、切り抜いたものや切れはしなどが出ますが、それもサラダやちらし寿司に入れるなどして活用してくださいね。かまぼこやちくわはハンバーグの具材に混ぜると、歯ごたえが出ておいしいですよ。

五.とにかく楽しく作ること!

デコ弁には決まったルールはありません。難しければちょっとシンプルにアレンジしたり、1品だけ作ってみたり……。まずは子どもの好きなおせち料理で、気軽にチャレンジしてみてくださいね。

ムクさんプロフィール
ムクさん

本名:徳光ゆう子。2人の娘たちのために、着色料や冷凍食品を使わないキャラクター弁当作りをはじめ、日々のお弁当をブログで公開している。そのクオリティーの高さとかわいさが評判になり、現在はテレビ出演・キャラ弁教室など、多方面で活躍中。