HOME > 企業情報 > 会社概要

会社概要

「ハートフラワー」マークに込められた想い

紀文ロゴマーク

当社のプロモーションマークである「ハートフラワー」は、商品を通じて
「作り手の私たち」・「流通業の皆様」・「消費者の皆様」の三者の心と
心のふれあいの大切さ、パートナーシップの素晴らしさと感謝の心を
表現しています。

「紀文」の焼印は品質の証

紀文のものづくり哲学

まだパッケージもなく、おでん種やはんぺんが売られていた頃は、どんなに優れた品質であっても、店頭に並べられてしまえば、他社の商品と区別がつきませんでした。紀文の商品はどこにも負けない!-その品質に絶対の自信と責任を持ち、お客様に「紀文」ブランドの素晴らしさを知ってほしいという思いから、昭和26年(1951年)、「紀文」の焼印を押した商品の販売をスタートしました。

これで、どこに置かれても、お客様に「紀文ブランド」を一目で見分けていただけるようになりましたが、逆に商品に問題があれば信用を失うことになると、私たち自身が常に「品質第一」を心に焼き付けることになりました。「紀文」の焼印は、”私たちが品質を保証します。”という責任の所在を明らかにしたものなのです。今では焼印の工程を自動化した商品もありますが、心を込めて一つひとつ手作業で押していた頃の気持ちを忘れずに、高品質の商品づくりに努めています。

ご挨拶

「革新と挑戦」の紀文スピリット

紀文グループ代表 保芦將人

紀文グループは、水産練り製品を主体とするチルド食品の製造・販売を中核とした幅広い事業を進め、1938年の創業以来、売上高で1,000億円を超える企業集団となりました。これも、多くのお客さまからご愛顧いただいたことと、創業以来のスピリット「革新と挑戦」を継続してきたことによるものと考えております。

時代の変化・ライフスタイルの変化を受けて、食に対する価値観が多様化している今日、「伝統とは、時代にあった形に姿を変えてこそ発展する」との信念のもと、時代の要請にお応えするだけでなく、時代の先を目指す発想と技術革新に取り組んでいます。特に、水産練り製品には日本各地の食文化に育まれた歴史が息づいています。各地域に培われた食文化を尊重し、新たな価値を提案するエリアマーケティングによって、更なる、「美味しさと健康」を追究します。

紀文グループには、「疑わしきは仕入れせず、製造せず、出荷せず、販売せず」という、ものづくりの哲学があります。今から半世紀以上前、「食の安全」という言葉が一般的になる前から、紀文の社員一人ひとりに貫かれている哲学です。安全でなければ真に美味しいとは言えないとの信念と、よりお客さまと時代のニーズに応えた美味しいものをお届けしたいという想い。この二つを原動力として、今後もすべての経営活動において、絶え間ない努力を重ねてまいります。

株式会社紀文食品

社名株式会社紀文食品
本社〒104-8101 東京都中央区銀座五丁目15番1号
日の出オフィス〒105-8626 東京都港区海岸二丁目1番7号地図はこちら
代表者 代表取締役会長兼社長 保芦將人
創業1938年6月8日
設立1947年9月26日
業務内容水産練り製品を主体とした総合加工食品の製造・販売
資本金 44億2,580万円
工場 及び
支社・事業部
[工場] 恵庭、東京、船橋、横浜、静岡
[支社・事業部] 北海道、東北、関東信越、東京、広域、中部、直販
お知らせ※お取引様は、日の出オフィスへお越し願います。
国内工場・事業所一覧

紀文グループ

地図

主な国内のグループ会社

株式会社紀文フレッシュシステム

  • 本社/東京都大田区平和島六丁目1番1号
  • 代表取締役社長/藤田正人
  • 業務内容/チルド物流を中心とした物流機能と共に、お客様ニーズを情報処理インフラとして提供する機能をあわせ持った、複合ロジスティクス業務を行う。
Webサイトはこちら

株式会社紀文産業

  • 本社/東京都港区海岸二丁目1番7号
  • 代表取締役社長/土井康榮
  • 業務内容/食品及び関連分野を取り扱う商社として、国内外での独自の仕入・販売チャネルを構築し、お客様へサービスを提供する。
Webサイトはこちら

株式会社紀文西日本

  • 本社/大阪府大阪市西区江戸堀一丁目15番27号
  • 代表取締役社長/西谷 禎
  • 業務内容/水産練り製品を主体とした総合加工食品の製造・販売。
Webサイトはこちら

株式会社キッチン・デリカ

  • 本社/千葉県船橋市高瀬町44番地
  • 代表取締役社長/千葉伸芳
  • 業務内容/コンビニエンスストアを販売先とする惣菜分野の商品開発・製造・販売を行う。
Webサイトはこちら

株式会社北食

  • 本社/北海道函館市北浜町7番5号
  • 代表取締役社長/本多範光
  • 業務内容/産地にこだわった海産物・農産物を原材料とする珍味食品の製造・加工・販売を行う。

株式会社豊珠興産

  • 本社/東京都中央区銀座五丁目15番1号
  • 代表取締役社長/安田 忍
  • 業務内容/リース、外食事業、広告・販売促進企画などの業務を行い、お客様へサービスを提供する。
    おでん料理のお店はこちら→「楽でん」
    イタリアンレストランはこちら→「キャボロカフェ」

株式会社紀文安全食品センター

  • 本社/千葉県船橋市高瀬町44番地
  • 代表取締役社長/花岡 豊
  • 業務内容/品質衛生に関わる、検査分析、コンサルティング、教育を実施し、紀文グループの食の安全・安心への取組みを推進する。

海洋食品株式会社

  • 本社/沖縄県浦添市西洲二丁目5番3号地
  • 代表取締役社長/飯嶋佳夫
  • 業務内容/沖縄地区における、はんぺん、ちくわなどの魚肉加工品や、餃子などの農畜加工食品の製造・販売と、豆乳・飲料・デザートほかの流通販売を行う。
Webサイトはこちら

主な海外のグループ会社

Kibun (Thailand) Co.,Ltd.
[タイ]

  • 本社/31/10 Moo 2, Rama Ⅱ Road, Tambon Bangkrachao, Amphour Muang, Samutsakhorn, 74000 Thailand
  • 代表取締役社長/大津裕史
  • 業務内容/タイにおいて、魚肉加工品、農産加工食品の製造・販売を行い、東南アジアの生産拠点として日本および欧米に輸出を行う。

Kibun Foods(U.S.A.),Inc.
[アメリカ]

  • 本社/2101 Fourth Avenue, Suite 1170 Seattle, WA98121 U.S.A.
  • 代表取締役専務/青木健太郎
  • 業務内容/アメリカ合衆国において、紀文ブランドの魚肉加工品、農畜産加工食品の販売を行うとともに、すり身などを現地調達し、日本向けに輸出販売を行う。

Kibun Hong Kong Co., Ltd.
[香港]

  • 本社/10/F, Sungib Industrial Centre, 53 Wong Chuk Hang Road, Hong Kong
  • 代表取締役社長/小林正和
  • 業務内容/中華人民共和国香港特別行政区において、紀文ブランドの魚肉加工品、農畜産加工食品の輸入販売を行うとともに、外食事業を行う。

Kibun Foods Singapore Pte.,Ltd.[シンガポール]

  • 本社/ 6 Clementi Loop,Hoe Leon Building, Singapore 129814
  • 代表取締役専務/芝崎達也
  • 業務内容/シンガポールおよびオセアニア地域において、紀文ブランドの魚肉加工品、農畜産加工食品の輸入販売を行う。

Yilin Kibun Corporation
[台湾]

  • 本社/No.33, Tou-Gong 2 rd., Tou-Liu City, Yulin Hsien, Taiwan
  • 代表取締役社長/林 宗宏
  • 業務内容/台湾において、冷蔵・冷凍食品の製造・販売及び、輸入販売を行うとともに、外食事業を行う。